月別: 2017年3月

3/11 原発ゼロNAGOYA ACTION集会に参加しました

2017年3月11日(土)

風はあるもののお天気もまずまず、家族連れも多く参加され、もちの木広場は大盛況でした。

toold40のブースは普段は舞台になることの多い、一段降りたところにあり、ワニのふわふわと子ども折り紙コーナーの手前でした。会場では舞台からにぎやかな音楽が流れ、人を誘っていました。

それぞれの主張の時間には、toold40からは北村代表と若手弁護士さんたち、デンジャラスくんと市民の会代表の草地が登壇しました。大勢とデンジャラスくん、インパクトのある主張でした。

  

その後、愛知県のコーラスグループのアメージンググレースのハミングをバックに東北大震災で犠牲になった方々に黙祷を捧げました。

15時半ごろ、デモパレードが出発。華奢な草地がデンジャラスくんに入り、栄→大須→栄とかなりの距離を歩きました。参加者約600名。

沿道では、デンジャラスくんは大注目を浴び、大人は記念写真撮り、子どもたちは触りに来ました。沿道で振り返る若者には、miniリーフレットが直ちに配られました。

普段かかわりのない人たちに、知ってもらう、興味を持ってもらうという目的が少し達成できたと思います。

3/6 40年廃炉訴訟市民の会メールマガジン 第7号

□-■-□-■-□-■-□-■-□-■-□-■-□-■-□-■-□-■-□-■

40年廃炉訴訟市民の会メールマガジン 第7号 2017/03/06

□-■-□-■-□-■-□-■-□-■-□-■-□-■-□-■-□-■-□-■
(転送・転載歓迎)

━ 目 次 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
1【2/1 高浜原発1・2第3回口頭弁論】
2【2/19 市民の会第1回総会】つづいて
老朽原発にレッドカードを!名古屋も危ない2.19集会
3【311原発ゼロNAGOYAアクション@もちの木広場】
「福島の原発事故は終わっていない!危険な老朽原発廃炉!」
4【3/30美浜3訴訟:2次原告募集と第1回口頭弁論】
5【4/8上映会「日本と再生」】
6【高浜原発クレーン事故続報】京都府知事、関電批判
7【注目!島崎証言@大飯原発訴訟】
8【応援しよう!】3/10 避難者の損害賠償請求訴訟
9【デンジャラスくん通信】第1号を郵送でお届けしました
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
1【2/1 高浜原発1・2第3回口頭弁論】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■
高浜老朽原発廃炉訴訟の3回目の口頭弁論が2月1日に開かれま
した。勝負の年2017年最初の期日は、名古屋地裁に多くの市民が
集まり、にぎやかに始まりました。

初めに、原告2人が意見陳述をしました。原告の安達葉子さんは
元高校教師です。貧困にあえぐ子どもたちの様子を訴え、現世代の
利益のために将来の世代負担を残してはならないこと、老朽原発を
延命しようとする強欲さについて、胸を打つことばで訴えました。
もう1人の原告・原富男さんは、市民団体「チェルノブイリ救援・
中部」の一員です。原発事故後のウクライナを40回も訪問し人々
の暮らしを助け、福島原発事故後には、南相馬市の放射線測定など
行ってきたそうです。原発事故がいかに悲惨かを具体的なデータを
あげて説明しました。

原告陳述に続き、大河陽子弁護士が原告適格について準備書面の
説明をしました。大河弁護士は陳述用にわかりやすくまとめたスラ
イド資料を用意しましたが、法廷での上映は認められませんでした
(裁判官は資料を見ながら聞いていたようです)。

それから、北村栄弁護団長は、裁判所に参考にして欲しい新聞記
事、私たちの主張の根拠となる新聞記事をまとめた準備書面を説明
しました。

今回の感想で多く聞かれたのは、裁判長がより真剣に聞いている
と感じたというものでした。これからも裁判官に熱い視線を送りま
しょう。

第4回口頭弁論は、美浜3号機第2回口頭弁論と同日の5月17日
(水)に行います。高浜1、2号機第4回が11時から、美浜3号機
第2回が13:30からです。

準備書面や陳述書、スライド資料はこちらに掲載しています。↓
関電から認否に関する書面等も出ています。http://goo.gl/L6LLuj

□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
2【総会と集会】2/19 市民の会第1回総会 つづいて
老朽原発にレッドカードを!名古屋も危ない2.19集会
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■
私たち老朽原発訴訟を支える「市民の会」は、昨年4月に設立以
来最初の総会を2月19日午前に開きました。つづいて午後は、川口
真由美さんの歌、中嶌哲演さんのお話を聞きました。イーブルなご
や3階ホールほぼいっぱいの参加者は、訴訟勝利への熱い思いを新
たにしました。

☆市民の会の総会に先立って、弁護団長の北村栄弁護士が、全国の
脱原発弁護団の交流の中で、「名古屋で行政訴訟をやってくれ」と
言われたときのとまどい、若手弁護士が3人手を上げてくれて訴訟
を始める決意をしたことなどを語りました。藤川弁護団事務局長は
、高浜3・4号機の仮処分の下りた記念すべき4月14日に提訴するた
めに、弁護団事務局が原告募集から裁判費用集めに奔走したことな
どを話しました。そして、その提訴した夜に熊本で大地震が起きた
のでした。

☆市民の会の総会では、2月9日頃会員の皆様にお送りした総会の
議案書に基づき審議を行い、これまでの活動報告・収支報告のの
ち、今年の活動方針と予算が報告され承認されました。

2016年度市民の会活動収支報告(2016/4/14~2016/12/31)は
下のとおり。
・収   入
原告費用       360,000円
会  費       342,000円
カ ン パ       722,591円
物販売上        72,850円
借 受 金       200,000円
その他(預金利息)     1円
(収入合計 1,697,442円)

・支   出
会議施設代       2,400円
コ ピー 代      88,456円
通 信 費      78,488円
弁護団交通費   2,160円
事務用品費      13,947円
雑   費      44,582円
(支出合計    230,033円)*8ヶ月分

繰 越 金   1,467,409円

*今期の裁判手続きに必要な印紙代、書面のコピー・資料代、報告
集会の会場費等は弁護団事務局の会計から支出しています。
4月14日以前の弁護団への収入は弁護団事務局が管理しているか
です。
*繰越金が多く見えますが、昨年は口頭弁論2回分しか賄っておら
ず、弁護団の交通費など実費をほとんど支援していません。「デ
ンジャラスくん通信1号」でお知らせしたように、実費だけで
500万円以上かかると言われています。
(参考)デンジャラスくん通信→http://goo.gl/DCSwIy

今年は、無報酬で闘っている弁護団に、市民の会から実費の一部
だけでも支援しようと200万円の支援を計画しています。これが
実現できるように、市民の会として、会費・カンパ・事業収入を増
やそうと話し合いました。

☆会の名称を「高浜原発40年廃炉・名古屋行政訴訟を支える市民
の会」から「老朽原発40年廃炉訴訟市民の会」に変更することを
決定しました。高浜1・2号機だけでなく美浜3号機の延命許認可
に対して訴訟することになったからです。また、草地妙子・茶畑和
也の2人の共同代表の他、事務局メンバーが正式に選任されました。

★午後の「老朽原発にレッドカードを!名古屋も危ない2.19集会」
では、京都から川口真由美さんが力強い歌声で参加者の胸を熱くし
ました。つづいて、福井県小浜市の中嶌哲演(なかじま てつえん)
さん(明通寺住職)が福井県で原発建設に反対してどのように運動
してきたかを語りました。芦浜原発・海山原発の建設を阻止した三
重県からの参加者が「経験を伝える活動を行っている」と話し、会
場から拍手を受け、訴訟勝利への熱気とともに集会は幕を閉じまし
た。

□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
3【311原発ゼロNAGOYAアクション@もちの木広場】
「福島の原発事故は終わっていない!危険な老朽原発廃炉!」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■
名古屋の若者が中心に毎年行っている「311原発ゼロNAGOYA
アクション」に「市民の会」がスタッフとして参加し、当日はブー
ス出展やステージトークに出演します。ステージでのイベントのあ
と、栄の街なかをパレードします。ぜひ、多くのご参加を!

とき:3月11日(土)
11:00~マルシェ&イベント 13:30~集会 15:30~デモ
会場:もちの木広場(名古屋市栄テレビ塔南)
詳細は→http://goo.gl/V1flja

□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
4【3/30美浜3訴訟:2次原告募集(3/20迄)と第1回口頭弁論】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■
高浜原発1・2号機と同じく、老朽原発の美浜原発3号機も、規制
委員会が延命を認可したことに対して、昨年12月、3人の原告が
許認可取り消しを求めて提訴しました。

この裁判の2次原告を3月20日まで募集しています。今回が最
後の原告募集となります。日本国内に居住する20歳以上の方なら、
原告になれます。国籍を問いません。この機会にお申込みください。

HPの「原告になる」のページ→http://goo.gl/TRaujC にアクセス
し「募集要綱+委任状用紙」→http://goo.gl/zfd0aK の手順に従って
手続きをしてください。

この美浜3号機訴訟の第1回期日は、3月30日10時半より名古屋
地裁第1号法廷にて始まります。美浜町の元町議会議員松下照幸さん
の意見陳述のほか美浜原発の疲労破壊の問題、火山審査の問題など
の準備書面に関するプレゼンを行う予定です。

4月に二次提訴をするまでは、原告は3名のみなので、多くの方
に傍聴に来ていただきますようお願いします。
入廷行進も行います。バナーやプラカード持参の方大歓迎。
傍聴券の抽選は10時頃と予想されますので早めにおいでください
詳細は→http://goo.gl/nY4h82

第2回期日以降は、高浜1・2訴訟期日と同日に開かれます。5月
17日(水)、高浜1、2号機第4回が11時から、美浜3号機第2回が
13:30からです。

□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
5【4/8上映会「日本と再生」】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■
老朽原発の延命をストップし、原発をなくしたあとはどうなるの
か、そんな問いに答える映画をご紹介します。
ドキュメンタリー映画「日本と再生—風と光のギガワット作戦」
(河合弘之監督作品:公式HP→http://goo.gl/ldFqkf

全国で原発差し止め訴訟を繰り広げてきた弁護士・河合弘之さ
んが、ISEP(環境エネルギー政策研究所)所長の飯田哲也さんと二人
で、自然エネルギーの最前線で挑戦する人々を訪ねて日本と世界を
旅しました。自然エネルギーの実用化はもちろん、急速な普及と大
きな変化を目の当たりにして、原発再稼働に固執する日本に警鐘を
鳴らします。上映会当日の飯田哲也さん講演も見逃せません!

日時:2017年4月8日(土)開場(13:30~)
<スケジュール>
上映1回目……………14:00~15:40
飯田哲也氏講演…… 16:00~17:20(定員350名)
上映2回目……………17:30~19:10
場所:イーブルなごや3階ホール→http://goo.gl/njPGVU
(地下鉄 名城線「東別院」下車1番出口から東へ徒歩3分)
入場料:前売り1,200円 当日1,500円
(学生・避難者の方無料:
参加ご希望の方はできるだけ事前にご連絡ください)

<お問い合わせ・前売り券受付>
tel 080-9495-9414
E-mail:toold40citizens★gmail.com
(★を@に代えて送信してください)
お名前、電話番号、必要枚数をお知らせください

□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
6【高浜原発クレーン事故続報】京都府知事、関電批判
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■
高浜原発2号機で、大型クレーンが転倒した事故について、元請
けの大成建設のマニュアルでは風速が30メートルを超すと予想さ
れる場合、アームを畳むことになっていましたが、「暴風警報の発
令を認識していなかった」と言います。一方、関電は事故前に警報
に気付いたけれど、大成建設に伝えていませんでした。どちらも、
安全意識が甘いとしか言いようがありません。(参考 TOKYO WEB)
http://goo.gl/pbE5ni

この事故について、関電の森中郁雄原子力事業本部長代理が2月
8日、京都府の山田啓二知事に原因と対策を報告し、陳謝しました。
その際、関電が請負会社に対して安全対策を委ねている姿勢に対し、
山田知事は、関電自身が責任をもって監視体制を取るべきだと批判
したそうです。

□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
7【注目!】4/24大飯原発3、4号機控訴審で島崎邦彦氏が証言!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■
大飯原発3、4号機の運転差し止め控訴審で、元規制委員会委員
長代理の島崎邦彦氏が4月24日、証言します。

3年前、1審の福井地裁が運転を再開しないよう命じたことに対
して、関西電力などが控訴していました。これに原告側が島崎邦彦
元委員を証人に呼ぶよう求め、1月30日、名古屋高裁金沢支部の
内藤正之裁判長は証人採用を決定し、「2審で最も重要な証人尋問
になる」と述べました。

島崎元委員は地震学が専門で、2014年9月まで、原子力規制委
員会の委員長代理を務めました。退任後、大飯原発などでは想定す
る最大の地震の揺れ(基準地震動)の計算方法「入倉・三宅式」に
問題があり、過小評価の恐れがあるとして別の方法で再計算するよ
う主張しましたが、規制委は必要はないとの見解でした。原告側は
島崎氏の主張を通じて、大飯原発の基準地震動の不適切さを強調す
る方針です。

詳しくは、福井から原発を止める裁判の会のかたくり通信(2017
年2月10日第26号)をご覧ください。→http://goo.gl/Aa95AO

□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
8【応援しよう!】3/10 避難者の損害賠償請求訴訟
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■
名古屋で行われている大きな原発訴訟として、東電福島第一原発事故
の損害賠償請求訴訟があります。当訴訟の弁護団の中には、こちらの裁
判にも携わる弁護士もいらっしゃいます。
原告は愛知や岐阜に避難してこられた方々で生活に追われて期日に
廷することも大変だそうです。原発事故の損害の深刻さ、甚大さを認め
させることは、原発を止める裁判にも大きく関わります。ぜひ応援しま
しょう!

愛知・岐阜 東電福島第一原発事故損害賠償請求訴訟
第11回口頭弁論
3月10日(金)13:30より
名古屋地裁1号法廷
裁判所の西側から入ります。裁判終了後、報告集会もあります。
(名古屋地裁所在地)→http://goo.gl/SBzXzT

*第12回口頭弁論は、6月16日(金)13:30
お問い合わせは、福島原発事故損害賠償愛知弁護団まで。

http://genpatsu-aichi.org/

□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
9【デンジャラスくん通信】第1号を郵送でお届けしました
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■
これまでメールマガジンの内容をほぼそのままメルマガ紙版とい
う形にして、メールを使っていない方にお送りしてきましたが、こ
れを少し充実させて、紙版の「デンジャラスくん通信」を年4回ほ
ど郵送でお届けしようということになりました。2月2日発行の「
ンジャラスくん通信第1号」はすでに、「市民の会」総会資料など
と一緒にすべての会員の皆さんにお送りしました。第2号は5月初
めに発行予定です。「通信」に載せる4コマ漫画のネタを募集中で
す!「市民の会」までお寄せください。お待ちしています。

デンジャラスくん通信→http://goo.gl/DCSwIy
メルマガ紙版など→http://goo.gl/jlW8vV

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
メールマガジン発行責任
★老朽原発40年廃炉訴訟市民の会★
〒460-0002 愛知県名古屋市中区丸の内2丁目18―22
三博ビル 5F名古屋第一法律事務所内
TEL:080-9495-9414
E-mail:toold40citizens★gmail.com
(★を@に代えて送信してください)
HP:http://toold-40-takahama.com/people/
Facebook page:https://goo.gl/H6j31H
Twitter:https://twitter.com/toold40nagoya
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

4/8 映画『日本と再生』と飯田哲也氏講演

ご来場いただいた皆様、ありがとうございました。

飯田哲也さんの講演資料(カラースライド)を公開します。

page1

 

nihontosaisei1tou

【チケット】前売り1200円(当日1500円)
(学生・避難者の方無料:なるべく事前にご連絡ください)

★前売りチケット申込み(4月7日まで)
http://goo.gl/hRMfQv にアクセスし
①お名前②連絡先 ③題名:チケット○枚希望
④本文:参加予定の上映回(14時 の回と17時半の回いずれか)と
緊急連絡先電話番号、学生・ 避難者の方はその旨を明記して
送信ください。電話受付も可。

(チケットは当日受付にてお渡しします)

河合弁護士と!
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
   <4月8日 なごや初上映!+講演>
映画「日本と再生~光と風のギガワット作戦」(河合弘之監督)
 + 飯田哲也(ISEP環境エネルギー政策研究所長)講演会
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
                        
とき:4月8日(土) 開場13時半~
  ①上映1回目    14:00~15:40(100分)
  ●飯田哲也氏の講演 16:00~17:20(約80分)
  ②上映2回目    17:30~19:10(100分)
             (各上映回、講演とも定員350名)
ところ:イーブルなごや(旧女性会館)3Fホール
 http://goo.gl/lkE5s7(地下鉄「東別院」駅①番出口東へ3分)

「日本と再生」公式HP→http://www.nihontogenpatsu.com
 映画予告編→http://goo.gl/8Auf1g

2017年(100分)制作・配給:Kプロジェクト
監督:河合弘之 企画・監修:飯田哲也 
音楽:新垣隆 エンディングテーマ:坂本龍一 

【飯田哲也氏プロフィール】
1959年山口県生まれ。京都大学大学院工学研究科原子核工学
専攻修了。東大先端科学技術研究センター博士課程単位取得
満期退学。原子力産業や原子力安全規制などに従事後「原子
力ムラ」を脱出して北欧での研究活動や非営利活動を経て
ISEPを設立し現職。自然エネルギー政策では国内外で第一人
者として知られ、先進的かつ現実的な政策提言と積極的な活
動や発言により、日本政府や東京都など地方自治体のエネル
ギー政策に大きな影響力を与えている。
       2/25舞台挨拶→ http://goo.gl/Gd4vFI