作者別: admin

7/2(土)映画「日本と原発 4年後」&北村弁護士講演 上映実行委員会主催

日 時:7月2日(土) 13時30分~16時30分

会 場: イーブルなごや 3Fホール(名古屋市女性会館)

地下鉄「東別院」1番出口から東へ3分

参加費; 1000円 学生と避難生活者は無料

主 催: 上映実行委員会  西英子(☆52)8☆8-3241(☆は0です)

(1)映画上映 『日本と原発 4年後』

監 督   河合弘之弁護士
構成・監修  海渡雄一弁護士

7.2チラシ:日本と原発4年後+北村弁護士講演会

全国の原発差し止め訴訟の先頭に立つ弁護士が描く原子力発電のすべて!

2014年に発表された『日本と原発 私たちは原発で幸せですか』から1年、
高浜原発差し止め仮処分、元東電役員の強制起訴、被曝問題、テロと

原発の
問題など、日本の原発のすべての論点を論じ尽くした映画です。

(2)講 演

『老朽化原発にレッドカードを! 裁判で原発を止めよう』

講師: 高浜原発40年廃炉 名古屋訴訟弁護団長
北村 栄 弁護士

〇 全国からかけつけた弁護団、原告、サポーターの多くの人たちで、
4月14日に名古屋地裁へ提訴しました。
『日本と原発』の河合監督も来られました。

再び「原発ゼロ」にする画期的な裁判になります。
映画を観て、講演を聞いて、みなさんと共に考えましょう。

そして「原発ゼロ」をめざして行動しましょう。

4/25(月)40年原発廃炉訴訟市民の会メールマガジン創刊号 発信

□-■-□-■-□-■-□-■-□-■-□-■-□-■-□-■-□-■-□-■-□

40年原発廃炉訴訟市民の会メールマガジン 創刊号2016/4/25

□-■-□-■-□-■-□-■-□-■-□-■-□-■-□-■-□-■-□-■-□

2016年4月14日、東海地方は、早朝の雨が上がり美しく晴れた
清々しい春の日でした。老朽原発、高浜1号機・2号機の延命を
ストップする行政訴訟を提訴しました。奇しくも、その夜、熊本県で
震度7の大地震が起こり、活断層に沿って大型の地震が相次ぎ、
日本中を再び震撼させました。

こともあろうに、熊本の震源地の南西150km、中央構造線の延長線
上にある川内原発が稼動しています。これを止めるよう要請したところ、
ネットではたった4日間で10万人を超える人が署名しました。

そんな折4月20日、原子力規制委員会は、高浜1号機・2号機が
新規制基準を満たしているとして、「審査書」を正式決定をしました。
ちょうどこの日、福井・関西・東海・首都圏の23団体が、老朽原発の
廃炉を求める署名を開始しました。

━ 目 次 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
1【提訴】4/14(木)提訴の応援に100人が名古屋地裁に集まりました
週刊「金曜日」4/18号の表紙を飾る河合弘之弁護士、来る!
2【報告会】4/14(木)提訴のあと、弁護団が報告
3【募集中!】40年廃炉訴訟市民の会が立ち上がりました
4【署名】40年超え老朽原発を廃炉に!
5【出展】5/4アースデイ名古屋に出展します
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
1【提訴】4/14(木)提訴の応援に、100人が名古屋地裁に集まりました!
週刊「金曜日」4/18号の表紙を飾る河合弘之弁護士、来る!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■
福井県にある高浜原発1号機・2号機は、運転開始からすでに40年
を超えています。福島の原発事故を経験し、原発は、原則40年で廃炉に
すると法律で決められました。しかし、4月20日、原子力規制委員会は、
高浜1号機・2号機が新規制基準を満たしていると判断し、審査合格を
示す許可を関電に出してしまいました。「高浜原発40年廃炉・名古屋行政
訴訟」は、国に対して、許可の違法性を正面から問う行政訴訟です。

今回は、仮の差し止めは要請しませんでした。関電が延長運転に
向けた大規模工事を2019年秋頃までに終わらせる計画であること
がわかったため、稼働するのはまだ先であると判断したからです。

記念すべき4月14日に提訴しました。昨年4月14日は、福井地裁
が最初に高浜原発3・4号機の再稼働差止めの仮処分決定を出した
日です。この提訴の日、100人以上の方々が集まり、原告と弁護団
を応援しました。

週刊「金曜日」4/18号は、「裁判で原発を止める」という特集。
その表紙は、脱原発弁護団全国連絡会共同代表で、映画「日本と原発」
の監督をつとめた河合弘之弁護士です。http://www.kinyobi.co.jp

この河合弁護士も名古屋地裁前にやって来ました。なぜでしょうか?
それはこの裁判が、数ある原発裁判の中でも非常に重要な裁判だから
です。高浜原発の地元の福井や関西からも仲間がかけつけました。

40年を越えた老朽原発の運転を延長させてはならない!老朽原発
を廃炉にするための裁判は全国初!とても注目される裁判です。

訴状要旨と全文はこちらから。
ケーブルの問題、基準地震動、津波、テロ対策などにも触れています。

resources

□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
2【報告会】4/14(木)提訴のあと、弁護団が報告
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■
提訴を終えたのち、記者会見と報告集会を行いました。弁護団と原告
代表が思いを訴えました。(メモより)

北村栄弁護団長「福島原発事故で、原発はとても危険ということが
わかった。老朽した高浜原発は二重の意味で危ない。原発が動いて
いなくても電気は足りていた。40年を超えた老朽原発を動かして
ほしいという市民がいるのか。」

河合弘之弁護士「名古屋の弁護士が、眠れる獅子がついに立ち
上がってくれたと感慨を持っている。我々は大津地裁で大きな成果
を挙げた。仮処分が有効、そして立地県外での申し立てが有効と
わかったので、この戦略を進めよう。」

河田昌東さん(原告・名古屋市)「気象庁の若狭湾の風向データを
グラフにしてみた。風向は北、西北西で関西、岐阜、名古屋は風下と
なる。避難経路をどうするかという問題ではない。絶対に事故を起こ
してはいけない。」

東山幸弘さん(原告・高浜町)「原発城下町のような感じの高浜町で
原告になるのは厳しいものがある。建設当時、原発の寿命は20年、
長くて30年と言われていた。30年過ぎても止めてほしいという声は
なかなか上がらなかった。しかし40年たって、3、4号機の再稼動
は容認しても、1、2号機は止めてほしいという声が町内にはある。」

兼松秀代さん(原告・岐阜市)「岐阜市は高浜原発から114km。
敦賀湾の気象データを、私もいつも見ている。福井で原発事故が
起こったら、風下の私たちがすべてを引き受けるしかない。規制
委員会の田中委員長は、最初40年を超えるのは難しいと言って
いたのに、高浜1、2号機はお金をかければなんとか延長できると
言う。止めるのは司法しかない。」

西英子さん(原告・名古屋市)「20年延長と聞いたときびっくりした。
40年も放射線を浴びてぼろぼろになった圧力容器を20年も延長
してどうなるんだと。四国電力は、39年の伊方原発1号機を廃炉に
すると言った。この5年間で電力販売量も減り、莫大なコストをかけて
対策をしても採算が合わないという。私は、まもなく79才になるが、
原発ゼロにしてから死にたい。」

草地妙子さん(原告・名古屋市、市民の会共同代表)「福島の原発事故
が起こったとき、二人の子どもに本当に申し訳ないと思った。あのとき
感じたような思いを二度と感じたくない。子どもたちに感じさせたくない。
原発事故は、毎日のささやかな生活を奪う。危険極まりない老朽化した
原発を動かしてはならない。」

茶畑和也さん(原告・名古屋市、市民の会共同代表)「イラストレーター
なので、デンジャラスくんとレッドカードくんというキャラクターをつくった。
デンジャラスくんは、本当はすごくいい顔をしている。原発が全部
なくなったら赤い色もなくなりいい顔になる。それも考えていきたい。」

原告の数は14都府県から76名です。(愛知30名、福井11名、
京都、岐阜、静岡、東京、三重、大阪、兵庫、千葉、滋賀、石川、
奈良、神奈川)今回は一次提訴で原告をまだ募集していますが、
数ヶ月後に第二次提訴する可能性があります。

□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
3【募集中!】40年廃炉訴訟市民の会が立ち上がりました
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■
報告集会で共同代表など役員を紹介して、ようやく原告とサポーター
による訴訟を支える市民の会が立ち上がりました。

名称:「高浜原発40年廃炉・名古屋行政訴訟を支える市民の会」
略称:「40年廃炉訴訟市民の会」
○共同代表:草地妙子、茶畑和也 ○事務局長:安楽知子

ちなみに、この訴訟は「TOOLD40@Nagoya」「デンジャラス
訴訟」とも呼ばれています。

40年廃炉訴訟HPに市民の会のページができ、市民の会のフェイス
ブックやツイッターもできました。ぜひ広めてください! HPから、
訴訟を応援するキャラクターをダウンロードできるようになりました。

高浜原発40年廃炉・名古屋行政訴訟
HP: http://toold-40-takahama.com/
高浜原発40年廃炉・名古屋行政訴訟を支える市民の会
HP: http://toold-40-takahama.com/people/
Facebook: https://goo.gl/H6j31H
Twitter: https://twitter.com/toold40nagoya

□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
4【署名】40年超え老朽原発を廃炉に!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■
関西の原告から、「40年超え老朽原発の廃炉に!」署名に、「40年
廃炉訴訟市民の会」も呼びかけ団体になってほしいとの要請がありました。
事務局で検討し、訴訟と同じ目的のこの署名活動に参加することに
しました。皆さん、ぜひご協力をお願いします!広めてください!

ネット署名フォームはこちらです
https://fs224.formasp.jp/f389/form1/

紙版署名
http://www.jca.apc.org/mihama/hairo/sig_hairo201604.pdf

7月7日に向けて、6月20日を一次集約としています。

*****************************

地震の活動期 老朽原発はとりわけ危険!
40年超えの老朽原発 高浜1・2号、美浜3号は廃炉に

原子力規制委員会委員長 田中俊一様
福井県知事 西川一誠様
関西広域連合委員会委員長 兵庫県知事 井戸敏三様
京都府、滋賀県、大阪府、奈良県、和歌山県、岐阜県、愛知県
各知事様

関西電力は、運転開始から40年を過ぎた老朽原発を再稼働させようとし
ています(高浜1号は今年42才、高浜2号は41才、美浜3号は40才)。
ただでさえ危険な原発ですが、老朽原発は機器等の劣化も進み一層危険
です。老朽原発にムチ打つ危険な寿命延長などもってのほかです。

高浜1・2号は7月7日までに、美浜3号は11月30日までに、国の全て
の審査が終了し許可・認可が得られていなければ廃炉となります。基準
地震動が引き上げられたため、耐震性の試験や評価が必要です。原子力
規制委員会は、高浜1・2号の場合には、この期限に間に合わせるため
に、試験・評価は先送りにして、工事に入ることを認めています。安全
性より再稼働優先の姿勢は許せません。

昨年4月の福井地裁仮処分決定、今年3月の大津地裁仮処分決定は、国
の審査が緩すぎること、福島事故の原因究明も道半ばの状況で再稼働に
突き進む関電と国の姿勢を厳しく批判しています。

廃炉を求める理由

1.老朽原発は原子炉容器や機器等が劣化。劣化の状況は十分に把握さ
れておらず、地震にも弱い
2.原発の運転期間は40年が原則
3.福島原発事故の原因究明はいまだ道半ば。いまも大量の汚染水が放
出されている
4.事故の被害は、福井県・京都府北部のみならず関西一円、東海地方
にも。琵琶湖も汚染される
5.避難計画は被ばく計画。「避難弱者」の避難など避難計画に実効性
なし

要 請 事 項
(1)40年超えの老朽原発高浜1・2号、美浜3号の再稼働を認めず、廃
炉にすること
(2)福井・関西・岐阜・愛知の各知事は、住民の安全を第一に、廃炉
にすべきと表明すること

締切り <第一次>2016年6月20日 <第二次>10月31日

<署名呼びかけ23団体(福井・関西・東海・首都圏)>
ふるさとを守る高浜・おおいの会/原発設置反対小浜市民の会/福井から
原発を止める裁判の会/グリーン・アクション/原発なしで暮らしたい丹
波の会/3.11ゆいネット京田辺/ネットワークあすのわ/日本熊森協会滋
賀県支部/よつ葉ホームデリバリー京滋/美浜の会/おおい原発止めよう
裁判の会/脱原発はりまアクション/奈良脱原発ネットワーク/さよなら
原発なら県ネット/脱原発わかやま/避難計画を案ずる関西連絡会/さよ
なら原発・ぎふ/高浜原発40年廃炉・名古屋行政訴訟を支える市民の会/
福島老朽原発を考える会/グリーンピース・ジャパン/FoE Japan/原子力
規制を監視する市民の会/コープ自然派脱原発ネットワーク

<署名送付先>原子力規制を監視する市民の会
162-0822東京都新宿区下宮比町3-12-302
/TEL:0★3-5225-721★3/FAX:0★3-5225-721★4
(★を抜いておかけください)

<署名開始日>2016.4.20

□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
5【出展】5/4アースデイ名古屋に出展します
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■
5月4日~5日に開催する「アースデイ名古屋」は、地球に感謝する
環境フェスティバルです。40年廃炉訴訟弁護団と市民の会が、
5月4日のみ出展します。
皆さん、たくさん遊びに来てください!お待ちしてます。
http://earthday-nagoya.com/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
メールマガジン発行責任
★高浜原発40年廃炉・名古屋行政訴訟を支える市民の会★
住所:〒460-0002 愛知県名古屋市中区丸の内2丁目18−22
三博ビル 5F名古屋第一法律事務所内
TEL:0☆80-9495-941☆4(☆を抜いておかけください)
E-mail:toold40citizens★gmail.com(★を@に代えて送信してください)
HP: http://toold-40-takahama.com/people/
Facebook page: https://goo.gl/H6j31H
Twitter: https://twitter.com/toold40nagoya
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
メールマガジンや市民の会へのお問い合わせは市民の会宛てにお願い
いたします。本メールマガジンの送信アドレスにはお問い合わせいただけ
ませんのでご了承ください。

4/20(水)40年超え老朽原発廃炉要求署名開始! 拡散希望

高浜原発40年廃炉・名古屋行政訴訟を支える市民の会より

40年超え老朽炉三兄弟(高浜1・2号/美浜3号)の廃炉を要求する
署名がスタートしました。7月7日には、高浜1・2号の寿命延長認可
の期限を迎えます。

三兄弟は、新品同様を前提とした審査でさえ、耐震安全性で従来基準を
クリアできていません。これに中性子照射による脆化やひび割れ、電気
ケーブルの絶縁の可能性など、老朽化による影響が加わります。

このような状況で寿命延長など許せません。直ちに廃炉にすべきです。
ぜひ老朽炉廃炉署名にご協力ください。いますぐご署名ください。まわ
りに拡散してください。

ネット署名フォーム・紙面書面PDFこちらです

7月7日に向けて、6月20日を一次集約としています。
よろしくお願いします!

高浜原発1,2号機差止行政訴訟 訴訟提起のご報告

2月24日,運転開始から40年を迎える高浜原発1,2号機について,原子力規制委員会が新規制基準に適合していると「審査書案」を了承したことを受けて,愛知県や福井県などに住む市民を中心に,同原発について今後出されるであろう設置変更許可及び運転期間延長認可に対して,これら許認可をしてはならないという差止め訴訟及び仮の差止め申立てを行うことになりました。

【裁判の概要】

 ・対象原発  : 高浜原発1,2号機

 ・訴訟手続き : 行政訴訟

     (処分の対象)設置変更許可,運転期間延長認可を予定

     (訴訟類型) 上記処分の差止め訴訟,仮の差止め申立て

 ・提訴裁判所 : 名古屋地方裁判所

 ・提訴予定時期: 平成28年4月中

 ・訴訟名称 

TOOLD40「高浜原発40年廃炉・名古屋訴訟

             ~ デンジャラス原発にレッドカードを!~ 」

【本提訴の意義】

 福島原発事故から間もなく5年が経過しようとしています。福島原発事故により,それまでの安全神話が崩壊したことが明らかになりました。原発の事故の深刻さや長期間かつ多様かつ広範囲に及ぶ被害の深刻さは,誰もが,二度と原発事故を起こしてはならないと実感したはずでした。しかしながら,その後も政府や電力会社,地元地自体等は,原発を再稼働させ,福島原発事故がなかったかのように,再び再稼働に突き進んでおります。

(老朽化原発は危険すぎること)

原発は根本的に危険ではありますが,老朽化した原発はもっと危険です。福島原発事故後,運転開始から原則40年で廃炉させるという「40年ルール」は政府が決めたことです。運転延長することは「例外中の例外」とされていたはずでした。

ところが,今まさに「40年ルール」でさえも形骸化されようとしています。私たちは,老朽化原発や旧式の原発は最も危険な原発であるという危機意識のもと,運転開始から40年を越えて運転されようとしている高浜原発1,2号機に対して,許可処分等の差止め等の裁判を提起することを決意しました。

(最初の行政訴訟であること)

原子力規制委員会は何ために発足されたのでしょうか。原子力規制委員会の杜撰な審査は,福島原発事故を十分に反省しているとは到底いえません。今回の裁判は原子力規制委員会を相手とする行政訴訟です。原子力規制委員会の意義と審査の是非を真正面から問うために行政訴訟をすることにしました。福島原発事故の多くの原発を対象に裁判が提起されてきましたが,いずれも民事訴訟であることからこの点にも大きな意義があるといえます。

(名古屋で提起ことの意義)

愛知県では,これまえ原発差止め関係の訴訟はこれまで行われてきませんでした。しかしながら,高浜原発と名古屋は100数十キロしか離れておらず,また,偏西風の影響を考えると,被害を受ける圏内に位置しています。名古屋経済圏である岐阜県,三重県についてはさらに近く,高浜原発で過酷事故が起こった場合には,名古屋は大きな影響を避けられません。東海地区の住民は,もっと原発事故に対して当事者意識をもつ必要があるといえます。

【原告団及び弁護団概要】

 ・原告  : 愛知県岐阜県三重県及び福井県の住民を中心に日本全国の方を対象

 ・弁護団 : 北村 栄(団長),藤川誠二(事務局長),鹿島啓一,中野宏典,

甫守一樹,小島 寛,兼村知孝,中川亜美

(問い合わせ先) 藤川法律事務所 0568-37-2282(藤川)