作者別: admin

10/7 40年原発廃炉訴訟市民の会メールマガジン 第4号

□-■-□-■-□-■-□-■-□-■-□-■-□-■-□-■-□-■-□-■

40年原発廃炉訴訟市民の会メールマガジン 第4号2016/10/07

□-■-□-■-□-■-□-■-□-■-□-■-□-■-□-■-□-■-□-■
(転送・転載歓迎)

9月30日は、奇しくも1999年東海村のJOCで臨界事故が起き
た日でした。この日、「訴訟を支える市民の会」メンバーら9人は、
4月以来集めていた老朽原発廃炉を求める署名の目録を岐阜県が行
ったシミュレーション資料等とともに、愛知県庁に提出しました。
(後述を参照ください)

私たちは、事故の教訓を生かして原発を一日も早くこの地球か
ら無くそうと改めて決意しました。来る10月26日(水)の第二回
期日の論戦には、再び多くの方々が傍聴してくださることを期待
します。

━ 目 次 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
1【第2回口頭弁論】10/26(水)さらに多くの市民で
裁判所を埋め尽くそう!「減衰定数」ごまかしを許さない!
2【関電の訴訟参加、認められた】関電も論破していくのみ!
3【進行協議】2人の原告の陳述が受入れられる
4【原告・弁護団の意見交換会】充実した議論でした!
市民運動も盛り上げよう!
5【署名・要望等を愛知県に提出】40年超え老朽原発を廃炉に!
知事も「廃炉にすべき」と意見表明してください
6【デンジャラスくん活動報告】
7【ニュース】京都府・市町から老朽原発への不安が続出
8【ニュース】フランスで原子炉に強度不足疑い、高浜原発も
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
1【第2回口頭弁論】10/26(水)さらに多くの市民で
裁判所を埋め尽くそう!「減衰定数」ごまかしを許さない!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■
いよいよ本格的な論戦が始まろうとしています。第2回期日から、
高浜1、2号機の運転期間延長を許す認可・許可の「取り消し」を
求める訴訟になります。6月20日までに規制委員会が4つの認可・
許可を出してしまったので、訴訟を「差し止め」から「取り消し」
に変更する申立書を8/5付けで提出しました。

また、あらたに26人の原告が10月5日に第2次提訴を行ったこと
をお知らせします。HPでプレスリリースをご覧ください。↓
http://toold-40-takahama.com/

私たちは、10月26日(水)の第2回口頭弁論を次のようなスケジ
ュールで迎える予定です。
9:45~  傍聴抽選券配布開始
~10時までに 原告受け付け
10:00  傍聴抽選
10:00~10:15 ミニ集会@名古屋地裁西側
10:15~10:30 入廷行進
10:30~11:30 第2回口頭弁論期日 開廷
2次原告意見陳述2人で15分、弁護団が2つの準備書面の陳述各10分
傍聴抽選に外れた方は、弁護士会館5階ホールに移動。
待機企画を予定しています。
11:40~12:15 記者会見(愛知県弁護士会5階ホール)
12:15~13:15 報告集会(愛知県弁護士会5階ホール)

今回期日のトピックは!:
熊本地震の観測データから明らかにされた地震動の過小評価や、
規制委員会の審査の問題点を突く予定です。

そのひとつが「減衰定数」です。1%とか3%とかの数値は、地
震による揺れが収まる程度を表し、大きな数値で計算すると、揺れ
が早く収まる、すなわち、原発の機器にかかる負担が小さいことに
なります。
元々関電は、いくつかの重要設備の計算に減衰定数1%を採用し
て認可されていました。それを3%に変更しました。そうした場合、
実際に対象機器を揺らす試験など、既存の試験で数値を確認するこ
とを求めています。それなのに、規制委員会は実際の機器を使う試
験の先送りを認め、試験をせずに認可してしまったのです。

このようなごまかしを弁護団は突いていきます。再び市民が傍聴
席をいっぱいにして、裁判官、被告(国・規制委)、訴訟参加人
(関電)にプレッシャーを与えていきましょう!

*原告の方にお願い:期日に出席と申告したものの、出られなくな
った場合には直前でもご連絡ください。原告席を空けないように、
他の方に席についてもらいます。

□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
2【関電の訴訟参加、認められた】関電も論破していくのみ!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■
この行政訴訟の被告は国すなわち規制委員会ですが、関西電力が
訴訟に参加したいと申し立てました。参加は、行政事件訴訟法にあ
る規定に基づくものです。これによって、関電は単なる被告側の証
人として陳述するより、格段に深く裁判に参加できるようになりま
す。私たちの弁護団は、関電の参加は「不相当」だと意見を出しま
した。なぜなら、関電はすでに稼動延長の審査を受けるために必要
な書類を提出しており、裁判で問題になるのは、それを審査し認可
する規制委員会の手続きが違法か合法かだからです。また、実務的
には、事務量が2倍になることも弁護団にとっては嬉しくない話で
した。

残念ながら、裁判所は「原告ら及び被告の意見を聴いた上」関電
の参加を認めました(決定書には認めた理由は書いてありません)
しかし、私たちの弁護団は想定内のことと冷静です。規制委員会も
関電もその主張を完膚なきまでに論破していくのみです。

□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
3【進行協議】2人の原告の陳述が受入れられる
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■
10月26日(水)の第2回口頭弁論に先立ち、裁判所から、進行をス
ムーズに行うために協議が持ちかけられ、9月28日に協議しました。
私たちの弁護団は、第2次提訴を行うこと、その原告の中から意見
陳述をさせて欲しいなどを要請し、2人の原告の陳述が受け入れら
れました。
福島からの避難者の女性と、岐阜県で農業に従事する男性が陳述
する予定です。

前回の法廷で、「TOOLD40」のTシャツを着用していた原
告が職員からロゴを隠すよう注意された問題では、裁判長からは、
「私もお伝えしていなかったので申し訳なかったが、統一的なもの
は避けてほしい」との説明がありました。(ただし、Tシャツの上
に羽織るものがあればOKです。)

他には証拠番号の振り方の統一など、訴訟をスムーズに進めるた
めの話し合いがされ、今後も期日と期日の間に進行協議を行うこと
になりました。

□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
4【原告・弁護団の意見交換会】充実した議論でした!
市民運動も盛り上げよう!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■
初めての原告と弁護団意見交換会が、9月10日(土)に名古屋
駅近くのウインクあいちにて開かれました。1次2次原告合わせて
30人余が弁護士7名と3時間にわたる充実した意見交換をおこな
ました。
(今回は、会場の定員の都合で、原告のみ対象となりました。)

関西電力の訴訟参加について多くの質問があった他、40年ルー
ルの立法の経緯、規制基準のおかしさ、他裁判の判決の矛盾など
が話されました。難しさはあっても、関電と規制委員会の論理を
完膚なきまでに叩きのめし、裁判官がこれなら勝たせるしかない
と思うような闘いをして行こうと話し合いました。また、裁判に
勝利するためには、脱原発の市民運動を盛り上げることも重要だ
と話されました。

□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
5【署名・要望等を愛知県に提出】40年超え老朽原発を廃炉に!
知事も「廃炉にすべき」と意見表明してください
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■
9月30日、「訴訟を支える市民の会」は、4月から取り組んでい
る署名「40年超え老朽原発は廃炉に!」の第1次集約分の目録を
愛知県知事に提出し、知事も「廃炉にすべき」と意見表明して欲
しいと要請しました。要請書には、愛知県内の脱原発3団体も賛同
して名を連ねました。(未来につなげる・東海ネット、チェルノ
ブイリ救援・中部、核のごみキャンペーン・中部)また、愛知県
の防災対策について、質問事項を提出しました。

この署名は、脱原発23団体が6月に第1次集約し原子力規制庁に
提出し、また、関西の市民グループが兵庫県知事をはじめ関西の
自治体に提出と申入れを行っていました。

9月30日、「市民の会」らの9人は、岐阜県が実施した科学的シミ
ュレーションを示して、福井県の原発にもし事故があった場合、
愛知県は飛来する放射性物質の被害にあうことを警告しました。
その上で、愛知県知事は特に危険な老朽原発を廃炉にすべきと意
見表明して欲しいと要望しました。
詳しくは、「市民の会」HPをご覧ください。↓
http://goo.gl/52vu97

老朽原発の廃炉を求める署名は、10月31日の第2次集約日まで
引き続き集めます。皆さんのご協力をお願いします。

第2次締め切り:10月31日
要請文およびネット署名フォームはこちら:https://goo.gl/8KLYUS
紙版署名:http://goo.gl/gRGdtP

なお、今回の県庁訪問の告知が、事前に十分できなかったことをお
詫びします。県の担当者との日程調整が直前になったためです。
悪しからずご了承ください。

□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
6【デンジャラスくん活動報告】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■
第1回期日後の報告会でお目見えしたキャラクター「デンジャラ
スくん」は、9月22日に市民団体「子どもたちに安心な未来を手渡
す会」が主催した講演と音楽ライブ「福島を忘れない!」でも宣伝
活動しました。
(中日新聞記事はこちら→http://goo.gl/KOQ6jF )

「デンジャラスくん」は、ライブに出演したアイドルグループ
「制服向上委員会」と一緒に写真をとったり、来場者と握手したり
しながら、老朽原発の廃炉、訴訟への支援を訴えました。たくさん
のカンパもいただきました。感謝です!「デンジャラスくん」は一
刻早く引退するため、これからも訴訟の宣伝に励みます。↓
https://goo.gl/8UBMZW

□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
7【ニュース】京都府・市町から老朽原発への不安が続出
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■
京都府と周辺市町、国、関電が高浜原発の安全性について議論す
る地域協議会が、9月23日、京都府庁で開かれました。規制委員会
が老朽の高浜原発1、2号機の運転期間延長を認めたことに対し、
首長から不安の声が続出し、山田啓二京都知事は「古い原発は慎重
の上に慎重を期すべき」と再稼働を容認しない考えをあらためて示
しました。
(京都新聞の記事はこちら→ http://goo.gl/INMVa5

□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
8【ニュース】フランスで原子炉に強度不足疑い、高浜原発も
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■
6月に、フランスの原子炉設備に強度不足のおそれがあることが
発表されました。蒸気発生器に使われている鍛造鋼は、炭素濃度が
高く強度不足の可能性があるというのです。日本でも全ての原発で、
同じく鍛造という製造法の鋼が使用されており、中でも8原発13基
の圧力容器がフランスで問題となった同じ日本メーカーの製造だ
ったと、9月2日、原子力事業者が規制委に報告しました。高浜2号
機の圧力容器もこのメーカー製です。全社は10月末までに強度に
問題がないかなどをそれぞれ調査し、規制委に報告することにな
りました。
(東京新聞の記事はこちら→ http://goo.gl/OzL0yq

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
メールマガジン発行責任
★高浜原発40年廃炉・名古屋行政訴訟を支える市民の会★
〒460-0002 愛知県名古屋市中区丸の内2丁目18―22
三博ビル 5F名古屋第一法律事務所内
TEL:080-9495-9414
E-mail:toold40citizens★gmail.com
(★を@に代えて送信してください)
HP:http://toold-40-takahama.com/people/
Facebook page:https://goo.gl/H6j31H
Twitter:https://twitter.com/toold40nagoya
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

10/5 第2次提訴しました(新たな原告26名)

2016年10月5日

報道関係者各位

高浜原発40年廃炉・名古屋訴訟
弁護団事務局長 藤川誠二

高浜原発1・2号機行政訴訟 第2次提訴のお知らせ

 本年4月14日に名古屋地裁に提訴した,高浜原発1・2号機の運転期間延長認可等差止行政訴訟につきまして,本日(10月5日),同地裁に第2次原告26名につき追加提訴いたしましたので,その旨お知らせいたします。

なお,本訴訟につきましては,当初の差止め対象となる各処分が既になされたため,追加提訴におきましては,事件名を「差止」から「取消」に変更しております。

また,次回期日は下記のとおり予定しており,期日に先立ち前回期日と同様,名古屋地裁前においてミニ集会及び入廷行動を予定しております。

期日後は,愛知県弁護士会館5階ホールにおいて,記者会見も開催いたしますので,報道各社の皆様方におかれましては,是非ご参加頂きますよう,よろしくお願いいたします。

 (第2回口頭弁論期日)

日 時 : 2016年10月26日(水)午前10時30分(1時間程度)

場 所 : 名古屋地裁 1号法廷

(当日の予定)

10:00      ミニ集会(名古屋地裁前)
10:15頃     入廷行動(名古屋地裁前)
10:30~11:30  第2回口頭弁論期日
11:40~12:15  記者会見(愛知県弁護士会5階ホール)
12:15~13:30  報告集会(愛知県弁護士会5階ホール)

 

【訴訟名称】TOOLD40「高浜原発40年廃炉・名古屋訴訟

          ~ デンジャラス原発にレッドカードを!~ 」

▶︎ 2016/10/5 二次提訴訴状

 

【 新聞記事】中日新聞(朝刊p30)2016/10/06

ch20161005p301

 

40年廃炉署名(1次集約分)と要請書を愛知県知事に提出

 9月30日(金)午後、老朽原発の廃炉を求める署名の一次集約分
と知事宛要請書を愛知県に提出しました。

 この署名は、40年廃炉訴訟の提訴の日に京都のグループから
提起され、当40年廃炉訴訟市民の会も呼びかけ団体の一つとなって
4月下旬から集め始めたもの。6月末に一次集約した9,561筆分は
既に原子力規制委員会に提出済みなので、その時の写真を載した
目録の提出です。

 署名提出の宛先は、原子力規制委員会委員長と福井県知事の
ほか関西広域連合等関西の府県と岐阜、愛知の各知事ですが、
原発の稼働に関して決定権を持たない府県の知事に対しては、
老朽原発の廃炉を願う住民の声を代弁して意思表明すること
を求めています。

 署名の趣旨を愛知県知事に具体的に伝えるために、県内の
賛同団体3団体(未来につなげる・東海ネット、チェルノブ
イリ救援・中部、核のごみキャンペーン・中部)の名前を連ね
た要請書も一緒に手渡しました。(▶︎要請書)

 この日対応していただいたのは、愛知県の防災局災害対策課
災害対策グループの班長の岡田氏と同グループの村井氏、そして
政策企画局企画課の課長補佐の水野氏と同課の岡田氏の4名。

 市民側は、当市民の会のメンバーと署名集めに協力いただいてい
る個人等の合わせて9名でした。

 取材は中日新聞と赤旗がきてくれました。いずれも翌日(10月
1日)の朝刊に記事が出ています。(末尾参照)

 最初に県の担当者に対し、市民の会事務局長がご挨拶と今回の要請
行動の趣旨説明を行った後、この日は奇しくも1999年東海村でJCOで臨界
事故が起きた日でもあったことから、事故の教訓を生かすことなく再
び福島で大事故を起したことの意味について述べ、事故は起こり得ると
考えておく必要があると強調しました。
20160930aichiken2s
 次に大村知事宛の要請書を市民の会の共同代表が読み上げ、災害
対策課の岡田氏に参考資料とともに手渡しました。
20160930aichiken1s
 そして、高浜1・2号機と美浜3号機の延長に向けた手続きの状
況を説明した後は、参加した市民それぞれから、なぜ廃炉の表明を
知事に求めているのかを訴えました。以下はその一部です。

・原発の是非については保留する人でも、老朽原発の延長を危惧す
る人は多い。世論は廃炉を求めている。

・福島事故直後だったと思うが、名古屋市の河村市長は若狭の原発
を自然エネルギーの専門家と一緒に視察に行かれた。記者会見で、
名古屋市は風下にあたり、木曽川水系が放射性物質で汚染されると
言ったので、普通に生活している主婦としてものすごく心配になっ
た。原発からの距離に関わらず(ここも)汚染される。高浜 3、
4号機は大津地裁の決定で止まった。琵琶湖の汚染を心配して市民
ががんばっている。延長された20年は事故が起こる確率が高い。
絶対、愛知県として 認めないと決定してほしい。こどもたちのた
めに廃炉にしなくてはいけないと思っている。

・要請書中に紹介したアンケート結果と同様、40年廃炉を求める声
は大きいと思う。愛知の世論も同様。京都府知事と同じように私た
ちに代わって大村知事に意見を表明していただきたい。

・県民の不安は、福島の事故が起きた時、やっぱり原発に安全はな
いんだと気づいた。知事として県民の命を守ってもらいたい。

・原発のあるところでは声はあげにくいと思う。だから愛知からも
知事が代表として声をあげてほしい。

・愛知県も福島原発震災後、原子力災害対策計画を改定したが、具体
的になっていない。関電との連絡の合意文書の運用についての文書
は公益性の高い文書なのでHPに載せて誰でもわかるようにしてほしい。
行動マニュアルも定めて、どの職員が見てもわかるように載せてほし
い。複合災害では災害対策課の皆さんは、今日の台風のように、いろ
いろと手を取られ、応援の職員も来ると思う。誰でも対応できるよう
マニュアルが必要。マニュアルがあってもその通りにはいかないのは
東電の通り。

・県のIT環境も問題で、どこの部署に聞いてもサーバーの容量が足り
ないので文書が載せられないなどというが、防災局独自にでも強化し
てほしい。
規制委員会はSPEEDIは使わないなどとしているが、自治体は使うと
思う。愛知県は岐阜県から情報をもらうと聞いたが、容量の大きい
データを受信できるのか。福島県では担当職員がデータが重いので
消去していて、県民には伝わらなかった。すぐにでも予算をつけて
整備してほしい。

・40年ルールができて、延長は例外中の例外のはず。最初から例
外は おかしいと思う。原発事故は万が一にも起こってはいけない
ということは、福島の事故で見せつけられた。どれほどお金をかけ
ようと工事できないところ、取り替えできないところもあるので、
危機感がある。大村知事には企業や国を見るのではなく、県民の
方を向いて、私たちの思いを汲んで、ぜひ廃炉にすべきと表明して
ほしい。知事にお伝えください。

・具体的な住民被害を考えれば無理というのは誰の目にも明らか。
余計なお金、労力をかける前に決断してほしい。税金も使われる。

・考えたくないことは考えないではまずいので対応をお願いします。


-------------------------

(*)今回の署名提出に先立ち、原子力災害対策に関する質問書も
提出していましたが、回答に時間がかかるということで、次回の最終
集約後の署名提出時に一括で回答をいただくことになりました。
(▶︎質問書)

★「40年超原発の廃炉を求める署名」は、10月末日まで集めています。
 脱原発を目指すなら、まずは老朽原発を廃炉にしなければ!↓
http://kiseikanshi.main.jp/2016/04/21/hairo40-2/
★ネット署名フォームはこちら
https://fs224.formasp.jp/f389/form1/
紙版署名
http://www.jca.apc.org/mihama/hairo/sig_hairo201604.pdf


161001cnp_yosei

【2016年10月1日赤旗】20161001%e8%b5%a4%e6%97%97%e6%8a%9c%e7%b2%8b

デンジャラス君、制服向上委員会と記念撮影

160922wseifukusデンジャラス君、22日の秋分の日に名古屋市内で開かれた「福島を忘れない」集会に参加しました。

この日のメインゲスト「制服向上委員会」の3人と記念撮影もしちゃいました。ラッキー!(^_^)

13615162_1040901989308852_7985091791229581474_n

草地共同代表とも1枚 ↓

16092kd

 

 

 

 

9/15まで:二次提訴の原告募集中

9月中に二次提訴を行います。

9月15日(水)までに、3つの手続きを完了している方とさせていただきます。

委任状(2枚)が40年廃炉訴訟市民の会の事務所に届いていること。(9/15までに必着)

②印紙代10000円と40年廃炉訴訟市民の会の会費(2000円)の振込みが完了していること

申込みフォームで連絡先等を40年廃炉訴訟市民の会に送信するか、または
「原告募集要綱・委任状セット」の2ページ目「原告登録申込書」を委任状に同封するなどで送っていただくこと。

詳しくは、「原告になる」のページをご覧ください。

8/5(金) 40年原発廃炉訴訟市民の会メールマガジン 第3号

□-■-□-■-□-■-□-■-□-■-□-■-□-■-□-■-□-■-□-■-□

40年原発廃炉訴訟市民の会メールマガジン 第3号2016/08/05

□-■-□-■-□-■-□-■-□-■-□-■-□-■-□-■-□-■-□-■-□
(転送・転載歓迎)

7月13日、高浜1、2号機の廃炉を求める行政訴訟は第1回口頭弁論を
迎えました。雨にもかかわらず約150名の支援者が集まりました。
口頭弁論では、弁護団からの訴えに続き、4人の原告がそれぞれの
思いについて、法廷にいる人々の胸を熱くする意見陳述を行いました。

第2回期日は10月26日(水)、「差し止め」から「取り消し」を求
める訴訟に変更されます。

━ 目 次 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
1【第1回口頭弁論】7/13(水)約150人が結集!
2【次回期日】10/26(水)さらに多くの市民で
裁判所を埋め尽くそう!
3【七夕アクション】原発の恐怖のない世界への願いを込めて
4【パブコメ9/2まで】美浜3号機、老朽原発の延命に反対を!
5【署名】40年超え老朽原発を廃炉に!第二次締め切り10/31
6【地震動の過小評価】島崎氏の提案を規制委は拒否!
7【原告・弁護団の意見交換会】9月10日(土)
8【販売中】TOOLD40 Tシャツとタオルをお求めください!
9【その他】8/28(日)講演;裁判で原発を止めるby 井戸弁護士
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
1【第1回口頭弁論】7/13(水)約150人が結集!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■
7月13日午前9時半過ぎ。少し前から降り出した雨が本降りになる中、
名古屋地裁西玄関前には、すでに傍聴券を求める列ができていました。
福井から東京から関西から、早朝発って駆けつけてくださった原告の
方々の姿も。10時前、北村栄弁護団長を皮切りに東京から来名した河
合弘之弁護士がマイクをにぎる頃には、歩道いっぱいに原告と支援者
が集まりました。

ミニ集会のあと裁判所正面前に移動し、おなじみのT00LD40のバナ
ーを先頭に入廷行進。テレビカメラがとらえた映像は、お昼の全国ニ
ュースでも流れました。

初めての口頭弁論に原告弁護団からは15名が出廷し、原告も76人の
うち60人近くが出頭、傍聴席の左半分を占めました。
老朽原発の延命を止める重要裁判であることから、マスコミの注目
度も高く、裁判所側もピリピリしていました。7人もの裁判所職員が
両壁と後ろに張り付き、傍聴席で陳述書を手渡しするのを制止したり、
TシャツのTOOLD40ロゴを隠すように要請したりしました。

担当裁判官は、民事9部の市原義孝裁判長と平田晃史裁判官、山口
貴央裁判官です。いずれも40代かそれ以下と思われる比較的若い顔
ぶれです。(市民の会共同代表の茶畑さんによる似顔絵をご参照くだ
さい。http://goo.gl/nc28Hn)被告の国側代理人は主に3人。東京
地裁判事の経歴を持ち、行政訴訟を多く手がけたベテランの竹野下喜
彦弁護士のほかは若い男性の弁護士です。

今回、裁判所が許可した原告側意見陳述は1回、貴重な機会です。
まず、北村弁護団長がこの裁判を提起した意味を説明し、裁判所が勇
気をもって差止判決を出せば、世間がそれを後押するだろうと力強く
訴えました。続いて、訴状要旨を、藤川弁護団事務局長と名古屋の若
い兼村弁護士・中川弁護士がよどみなく説明しました。

原告の意見陳述では、まず、原子力規制を監視する市民の会の阪上
武さんが、関西電力の事故の前科や規制委員会での審査の異常さ等を
渾身の力を込めて訴えました。

次に、南相馬市から下呂市に子ども2人とともに避難した小野久美
さんが、避難生活のストレスで歯が抜けたこと、転校先のイジメで苦
しんだ娘さんが望んだ進路を諦めざるをえなかったと切実な陳述をし
ました。

原発が立地する高浜町の東山幸弘さんは、住民アンケートで拾い上
げた、声には出せない地元の原発への不安や本音を紹介し、老朽化し
た1・2号機のなし崩し的な運転延長ではなく、福島の二の舞になる
前に廃炉を決定して欲しいと、静かにしかし力強く訴えました。

最後に、名古屋の草地妙子さんが、高浜原発から離れた場所に住み
ながらも原告になる決意した理由を話し、裁判官には、子どもの将来
を思い廃炉を願う自分と同じような母親たちが多くいることを想像し
て責任を果たして欲しいと、しっかりと陳述し、締めくくりました。

意見陳述が終わるたびに思わず傍聴席から拍手がわき起こる、とて
も感動的な70分間でした。
訴状全文と要旨・素晴らしい原告陳述は、次のサイトに掲載されて
います。→http://goo.gl/nZTLQE

法廷後、桜華会館にて記者会見と報告会を行いました。老朽原発を
憂うキャラクター「デンジャラスくん」が登場しましたが、老朽原発
は退場してもらうということで引退式となりました。デンジャラスく
んは、「まだ20年働けると言われているが?」とインタビューに対して
、「そろそろ壊れるよ」と答えて笑いを誘いました。

グリーンピース、福井から原発を止める裁判の会、大阪から避難計
画を案ずる関西連絡会、グリーン・アクション、美浜の会、原発なし
で暮らしたい丹波の会、浪江町からの避難者など、愛知県外からもた
くさんの支援者が駆けつけました。ありがとうございました。

グリーンピースは、ブログで裁判について報告してくれています。
「1607人の応援を心に!高浜裁判傍聴記 http://goo.gl/9LZLRx

この日の動画は、こちらでご覧になれます。
https://goo.gl/JYBjh8

□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
2【次回期日】10/26(水)さらに多くの市民で
裁判所を埋め尽くそう!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■
第2回期日は、10月26日(水)10時30分より名古屋地裁第一号法廷
で行われます。4月に提訴した時は、まだ設置変更許可も工事計画
・保安規定、運転延長認可も出されていませんでしたが、既にこれ
らの処分がすべて6月20日までに出されてしまったため、請求の目的
を「差し止め」から「取り消し」に変更します。

原告の方は、10月5日までに「40年廃炉訴訟市民の会」まで出欠の
ご連絡をください。裁判所に予め申し出た原告のみ入廷券が配布され
ることになっているため、お申し出がないと傍聴券が必要となってし
まいます。E-mail:toold40citizens★gmail.com
(★を@に代えて送信してください)

第2回期日当日、傍聴券の抽選は10時から。開廷前のミニ集会も開
きます。また、法廷後、報告会を開きます。(場所は未定)スケジュ
ール詳細は、次回メルマガでお知らせします。

□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
3【七夕アクション】原発の恐怖のない世界への願いを込めて
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■
今年の7月7日は、高浜1、2号機の延長認可期限でした。厳格な
審査が行われていれば、この日までに審査は終わらず、高浜1、2号
機は廃炉になっていたでしょう。40年原発廃炉訴訟市民の会は「七夕
アクション」を呼びかけました。参加した多くの仲間が、老朽原発は
もちろんすべての原発廃炉を栄メルサ前で訴えました。浴衣姿の女性・
高校生なども短冊に願い事を書き、笹に結びつける和やかな街宣でし
た。

□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
4【パブコメ9/2まで】美浜3号機、老朽原発の延命に反対を!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■
高浜1、2号機と同じく老朽原発の美浜3号機を延命させようと、設
置変更許可申請の審査書案に対する意見募集が始まりました。
この原発は3重の危険を抱えています。(1)老朽化(2)至近に
複数の活断層(3)敷地内に断層。美浜原発を廃炉にするためにぜひ
意見を出しましょう!詳細は→ http://goo.gl/8S3JGE

□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
5【署名】40年超え老朽原発を廃炉に!第二次締め切り10/31
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■
私たち「訴訟を支える市民の会」を始め23団体は、署名「40年超え
老朽原発の廃炉に!」を6月20日第一次集約し29日に原子力規制庁に
提出しました。また,関西の市民グループは、関西広域連合委員長で
ある兵庫県知事をはじめ関西の自治体にも署名提出と申入れを行いま
した。

ひきつづき第二次集約に向けて署名にご協力をお願いします。
第二次締め切り:10月31日
要請文およびネット署名フォームはこちら:https://goo.gl/8KLYUS
紙版署名:http://goo.gl/gRGdtP

老朽原発はなぜ危険なのか、分かりやすくまとめたリーフレットはこ
ちら
「40年超えの老朽原発はとりわけ危険 高浜1・2号、美浜3号 廃炉
署名にご協力を!」ぜひご活用ください。→http://goo.gl/CjOO1p

□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
6【地震動の過小評価】島崎氏の提案を規制委は拒否!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■
元原子力規制委員会委員長代理の島崎邦彦氏は、関電が用いた「入倉
・三宅式」の計算方法では、傾斜角が垂直に近い横ズレ断層の場合、地
震規模の想定が小さくなり過ぎることを指摘しました。島崎氏は、規制
委員当時、大飯原発3、4号機の基準地震動の審査会合のまとめ役でした

委員会退職後の研究や熊本地震の観測データなどから、地震動の算定
法について自身の当時の判断が間違いだったと認め、地震動の大きさを
見直すべきと提案しました。

規制庁は島崎氏の指摘を受けて「武村式」で地震動最大644ガルと算
出し、関電の想定856ガルを下回るから、見直しの必要なしとしました。
これに対して島崎氏は、規制庁の計算は2重の意味で間違いがあると
あらためて指摘しました。
(島崎氏の提案については、後述を参照ください。)

島崎氏の提案に対して、田中俊一委員長は「新しい知見を取り入れる
には、まずそちらの専門分野でしっかり固めてほしい。」と言い、基準
地震動の見直しをしないと開き直りました。あとにもさきにも、規制委
員会唯一の地震学の専門家である島崎氏の提案を拒否したのです。

垂直に近い横ずれ断層は西日本に多く、少なくとも大飯原発や美浜原
発、高浜原発、玄海原発について基準地震動を計算し直すべきです。

<参考>島崎氏の指摘する規制庁の2重の間違い
(1) 第一の間違いは、規制庁は関電が設定した条件で計算していな
いこと。
そのせいで、規制庁が入倉・三宅式で計算した基本ケースの揺れは
356ガルとなり、関西電力の基本ケース596ガルよりすでに低くなってい
ます。

ところで、規制庁が武村式と入倉・三宅式それぞれで基本ケースを計
算したところ、武村式は入倉・三宅式の1.81倍になりました。これが重
要!
したがって、関西電力の設定した条件で計算すれば、596ガルの1.81
倍の約1080ガルが最大の揺れと想定されます。

(2) もう1つの間違いは、規制庁は不確定性(短周期レベル1.5倍)
を加味してないこと。規制庁自身が、中越沖地震の反省から不確定性を
考慮して1.5倍することを求めたのに。 関西電力は、1.5倍して最大の揺
れを856ガルと算出し、それを大飯原発3、4号機の基準地震動として審
査で確定していました。

もし規制庁が算出したように、武村式が入倉・三宅式の1.81倍なら、
856ガルを1.81倍すると約1550ガルとなります。1550ガルという大きな
揺れに備えることは不可能です。

クリフエッジ(崖っぷち)と言われる1260ガルを超えます。
クリフエッジとは、福島原発事故直後に当時の原子力安全・保安院
の指示で計算されたもので、もうこれ以上の地震には耐えられない限
界値です。正当な計算をすれば、大飯原発3、4号機の再稼働はあり得
なくなります。

「原子力規制を監視する市民の会」がこの問題を解説したサイトをご
参照ください。→http://goo.gl/2tFNdB

□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
7【原告・弁護団の意見交換会】9/10(土)13時半
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■
原告の皆さんと弁護団の意見交換会を行います。原告の方はぜひ
参加して率直なご意見を。
(尚、今回は会場の都合上、参加者を原告のみに限らせていただき
ます。悪しからずご了承ください。)

日時:9月10日13:30~16:00(13:00開場、13:30開始)
場所:ウィンクあいち 1303号室(13階)  http://goo.gl/gOzAuz
(名古屋市中村区名駅4-4-38 電話:052-571-6131)

□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
8【販売中】TOOLD40 Tシャツとタオルをお求めください!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■
高浜原発40年廃炉・名古屋行政訴訟をサポートするためのTシャツ
とタオルを販売しています。HPをご覧ください。

TOOLD40グッズ

□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
9【その他】8/28(日)講演;裁判で原発を止めるby 井戸弁護士
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■
当会の主催ではありませんが、井戸弁護士はこの裁判の弁護団の
一人でもありますので、ご案内します。弁護団事務局長の藤川弁護
士との対談もあります。

「裁判で原発を止める」井戸謙一弁護士×藤川誠二弁護士
日時:8月28日(日)13時30分から17時
場所:中京大学センタービル0603教室
(地下鉄・八事駅5番出口すぐ)http://goo.gl/xJpliX
主催:「若者の未来と人権を考える会」(代表:大内裕和)
問合せ:西英子(052-808-3241)
資料代:1000円(学生と原発事故避難者は無料)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
メールマガジン発行責任
★高浜原発40年廃炉・名古屋行政訴訟を支える市民の会★
〒460-0002 愛知県名古屋市中区丸の内2丁目18―22
三博ビル 5F名古屋第一法律事務所内
TEL:080-9495-9414
E-mail:toold40citizens★gmail.com(★を@に代えて送信してくだ
さい)
HP:http://toold-40-takahama.com/people/
Facebook page:https://goo.gl/H6j31H
Twitter:https://twitter.com/toold40nagoya
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★原告・サポーター申し込みを、弁護団にいち早くして下さった方に
は、市民の会への登録、情報提供について弁護団から同意をお願いし
ています。登録同意の返信葉書をお早めに投函してください。
★送信専用のメールアドレスから発信しております。

10/26(水)10:30~第2回口頭弁論

<高浜原発40年廃炉名古屋行政訴訟>

第2回口頭弁論 

2016年10月26日(水) 10:30~

@名古屋地方裁判所

9:45〜10:00 傍聴席抽選のための整理券配布
名古屋地裁の建物の西側入口でお並びください
10:00  傍聴券の抽選

10:00~ 事前集会@名古屋地裁前

 ★原告の方で出席をされる方は、10月5日までに下記の
40年廃炉訴訟市民の会までその旨お知らせください。
原告席の確保のために必要です。

TEL:080-9495-9414(事務局)

e-mail:toold40citizens★gmail.com(★を@に変えてください)

 

7月7日七夕アクションが朝日新聞にとりあげられました

今年の7月7日は、高浜1.2号機の40年を超える運転延長認可の期限の日でした。

原子力規制委員会がきちんと審査ガイドに従い、厳格な審査を行っていれば、高浜1・2号機は延長認可が間に合わず、廃炉となるはずだったのです。

しかし規制委員会は、工事計画の審査の中で行わなければならなかった蒸気発生器などの耐震確認の試験を認可後に先送りすることを認め、6月20日に早々と、初めての稼働40年を超える老朽原発の20年運転延長を認めてしまいました。

本来なら廃炉が決定していたはずのこの日、「まぼろしの廃炉記念日」として私たちは街に出てこの問題を訴えることにしました。そして、街頭で道行く人に、原発なくしてという願いを短冊に書いていただき、笹の木に飾りました。

この7月7日七夕アクションが翌8日の朝日新聞朝刊に短冊の写真入りでとりあげられました。

a160708s

13日の傍聴席は9:45から整理券配布、10時抽選

支援者の皆さまへ
【重要】時間変更==================================
13日の傍聴席は、9:45から整理券配布、10時抽選
=============================================

7月13日の第一回目の口頭弁論の傍聴を希望される方は、9時45分頃から抽選のための整理券を配布しますので、それまでに名古屋地裁までお越し下さい。

(当初10時から傍聴券をお配りするとお伝えしていましたが、希望者多数のため抽選を行うことになりましたので、その旨ご了承ください。)

原告で6月29日までに参加申し込みをされた方のお席は既に確保されていますが、それ以外の支援者の方々の傍聴については、傍聴券が必要となります。

傍聴券の抽選に漏れた方は、記者会見と報告集会が始まるまでの間、桜華会館にて40年廃炉訴訟市民の会が別の関連企画をご用意していますので、そちらにご案内いたします。

ぜひ、ご参加ください。

6/30(木) 40年原発廃炉訴訟市民の会メールマガジン 第2号

□-■-□-■-□-■-□-■-□-■-□-■-□-■-□-■-□-■-□-■-□

 

40年原発廃炉訴訟市民の会メールマガジン 第2号2016/6/30

 

□-■-□-■-□-■-□-■-□-■-□-■-□-■-□-■-□-■-□-■-□

(転送・転載歓迎)

 

第一回口頭弁論が、いよいよ7月13日(木)に開かれます。

10:00より名古屋地方裁判所前にて、ミニ集会(傍聴券配布)

10:30より開廷です。

 

運転開始からすでに40年を超えている高浜1号機・2号機。その寿命

をさらに20年延長する認可を、ついに6月20日、原子力規制委員会は関西

電力に与えてしまいました。

 

福島原発の取り返しのつかない事件を起こして、原発の危険を日本国民

は思い知り、特に危険な古い原発について、原則40年で廃炉にする「4

0年ルール」が当時の民主党政権のもとで、定められました。この趣旨を

無視して原発の寿命を20年も延ばすなど許してはならないと、私たちは行

政訴訟を起こしました。

その第一回口頭弁論が、いよいよ7月13日(木)に開廷します。

 

━ 目 次 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

1【元規制委員が指摘】地震規模の想定が小さ過ぎる可能性

2【アピール】40年超え老朽高浜原発1、2号機、6/20延長認可!

行政裁判をいよいよ開始!

3【7/7たなばたアクション】延長認可期限だった7/7(木)の夜、

原発恐怖のない世界への願いを短冊に込めよう

4【第一回口頭弁論と報告会】いよいよ待望の第一回口頭弁論

みんなで傍聴しよう!7/13(水)10時名古屋地裁に集合!

マスコット・キャラクター「デンジャラスくん」がお目見え

5【署名】40年超え老朽原発を廃炉に!第一次集約で提出しました。

6【高浜3、4号機、関電の申立て却下】

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

1【元規制委員が指摘】地震規模の想定が小さ過ぎる可能性

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■

元原子力規制委員会委員長代理の島崎邦彦氏が、関西電力の想定する地震

規模が小さ過ぎる可能性があるとの陳述書を名古屋高裁金沢支部に提出しま

した。6月8日に、大飯原発3、4号機の運転差し止め訴訟の控訴審の口頭弁

論で原告側がそれについて説明しました。

 

続いて島崎氏は、6月16日に規制委員会の田中俊一委員長らと面談して、

大飯原発や高浜原発、玄海原発について基準震動の計算をやり直すべきと提

言しました。 記者会見の動画→ https://goo.gl/GBWTns

 

島崎氏が説明するのは、垂直や垂直に近い断層面を持つ活断層の場合、入

倉・三宅式を使って震源の大きさを計算すると過小評価になる恐れがあると

いうこと。熊本の地震で精度の高いデータが得られましたが、入倉・三宅式

では再現できなかったのです。

しかも、そのような活断層は西日本に多く、大飯原発や高浜原発、玄海原発

について、震源の大きさの計算をやり直すべきであると田中委員長に訴えま

した。

 

6月16日、原子力規制を監視する市民の会などの呼びかけで、原子力規制

委員会に対してすべての原発の耐震審査のやり直しを緊急要請しました。

私たち40年廃炉訴訟市民の会も呼びかけ団体に加わりました。これに先立

って賛同者を募ったところ、わずか一晩のうちに70団体、742人が賛同

しました。 緊急要請書の内容はこちら→ http://goo.gl/rktZdD

 

原子力規制を監視する市民の会は規制委員会に提出しようとしましたが、

「忙しい」を理由で規制委員会が受け取らなかったので、ファックスで送っ

たとのことです。

 

□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

2【アピール】40年超え老朽高浜原発1、2号機、6/20延長認可!

行政裁判をいよいよ開始!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■

6月20日、規制委員会は運転開始からすでに40年を超えている高浜1、2

号機の運転期間の延長を認可してしまいました。これに対し「原子力規制を

監視する市民の会」などは、規制委員会の建物の前で抗議アピールを行いま

した。

また、市民団体19団体が「40年超え老朽炉を廃炉に! 高浜原発1・2号機

の運転期間延長認可に抗議の共同声明を出しました。  私たち40年廃炉訴

訟市民の会も参加しています。 → http://goo.gl/Ju7SFg

 

名古屋では、私たち「40年廃炉訴訟市民の会」が、夕方6時からから名古

屋駅東口でアピールしました。北村弁護団長もかけつけてマイクで認可の問

題について訴えました。

市民の会のアピール文は下記のとおりです。弁護団も声明を出しています。

HPをご覧ください。→http://goo.gl/Clpn5B

 

————

「高浜原発40年廃炉・名古屋行政訴訟を支える市民の会」アピール

40年超え老朽高浜原発1、2号機延長認可に抗議します!

2016年6月20日

 

東京電力福島第一原発事故という取り返しのつかない事件を起こしてよう

やく、原発が抱えるそもそものリスクの高さに加えて老朽化の危険から、国

の原発規制には、原則40年で廃炉にする「40年ルール」が定められまし

た。

 

これに従い、高浜原発1、2号機、美浜原発3号機を除き、40年に満た

ない伊方原発1号機も含めて老朽原発の廃炉が次々と決定される中、関西電

力は、出力が大きく収益が見込めるとしてそれら3基の再稼働・延長申請を

行い、このうち高浜原発1、2号機について原子力規制委員会は、耐震試験

は認可の後でも良いと認めるなど驚くべき審査で、本年4月20日には、そ

の設置変更許可、6月10日には工事計画を認可、そして本日、老朽化に係

る運転期間延長も認可してしまいました。

 

私たち高浜原発40年廃炉・名古屋行政訴訟を支える市民の会は、このよう

な老朽原発に対する国の原子力規制の在り方を正面から問う同訴訟の原告・

サポーターの集まりで、訴訟を支え、老朽原発廃炉を目指しています。

 

先の設置変更許可についてのパブリックコメントでは1ヶ月間で606

件の意見が寄せられ、最も多かったのは、原子炉が長年に渡って放射線を

浴びてもろくなり緊急停止などの急速な温度変化に耐えられない恐れがある

ことを指摘する意見だったそうですが、原子力規制委員会は、老朽化につい

ての審査は別に行っているとして明確な回答をしませんでした。

 

ところが、その老朽化についての今回の延長認可は、パブリックコメント

さえもしないとのことです。市民の意見も聞かず、疑問に応えようとしない

のは、「原子力規制委員会の組織理念」(2013.1.9)※1の「国内外の多様

な意見に耳を傾け、孤立と独善を戒める。」に反します。

 

本年6月16日には元原子力規制委員会委員長代理の島崎邦彦さん(東京

大名誉教授・地震学)が、原発で考慮する地震の震源の大きさの計算で、垂

直や垂直に近い断層面を持つ活断層に入倉・三宅式を使うと過小評価の恐れ

があり、そのような活断層は西日本に多く、熊本の地震で得られた精度の高

いデータからも入倉・三宅式では再現できないことが明確になったとして、

大飯原発や高浜原発、玄海原発について、地震の震源の大きさの計算をやり

直すべきであるとの内容を原子力規制委員会の田中俊一委員長らとの面談で

説明されました。田中委員長は、新しい知見を取り入れるとなるとそれなり

に評価されたものが必要なので学会で努力をしてほしいなどとおっしゃいま

したが、2002年の国の地震調査研究推進本部の長期評価で日本海溝のど

こでも大きな津波地震が起こりうるとの評価があり、また貞観津波の知見も

ありながら、対応を怠った東京電力福島第一原発事故の教訓はどこへ行って

しまったのでしょうか。

 

私たちは二度と原発事故の被害者にも加害者にも傍観者にもなるわけには

まいりません。

 

世論調査では、原発再稼働反対が常に多数です。原発の規制に厳格な審査

を世論が求めているのは当然です。ましてや老朽原発には厳しい目が向けら

れています。2015年9月12、13日に実施された日本世論調査会によ

る世論調査※2では、原発の運転期間をどうするべきかの問いに対して、

「40年で例外なく廃炉にするべきだ」が47.8%、「40年よりも短くす

るべきだ」が24.6%、「現行通り、規制委が認めれば延長してもよい」は

21.5%でした。

 

伊方原発最高裁判決も、深刻な原発災害が万が一にも起こらないようにす

るために審査を行うのが法の趣旨だと述べています。

 

東京電力福島第一原発事故のように、憲法で保障された生存権、人格権、

財産権、教育権、居住・移転・職業選択の自由、労働権などが原発事故によ

って奪われるようなことは決してあってはならないからです。

 

原子力規制委員会が40年超え老朽高浜原発1、2号機の延長認可を行っ

たことに対し強く抗議いたします。

 

※1

原子力規制委員会の組織理念

平成25年1月9日原子力規制委員会の組織理念

http://www.nsr.go.jp/data/000069078.pdf

 

※2

原発に関する世論調査詳報 再稼働や老朽化問題問う

2015年9月20日 09:57 フクナワ

http://fukunawa.com/fukui/3891.html

 

□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

3【7/7たなばたアクション】認可期限だった7/7(木)の夜、

原発の恐怖のない世界への願いを短冊に込めよう

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■

古くて不具合が多発していた高浜1号機・2号機は、7月7日までに延長

認可が下りなければ「40年ルール」によって永遠に再稼動されず廃炉に

なるはずでした。ところが、これに先立つ6月20日に認可されてしまいま

した。

 

7月7日たなばたの日、40年廃炉訴訟市民の会は、原発の恐怖のない世

界への願いを短冊に込める、「たなばたアクション」を行います。

 

★日時:7月7日(木)午後6時から7時まで

★場所:名古屋栄・スカイル前

★雨天中止。告知・問合せはこちら →Tel:080-9495-9414

FACEBOOK:https://goo.gl/sY9yc5 ツイッター:https://goo.gl/hl1Nb8

☆短冊の文例:

・未来の世代に、核のゴミというツケを回しちゃいけないよね。

・原発は、ない方が「安定安心」

・古い原発は引退して!1日も早く原発のない社会に・・・・ and more!

 

□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

4【第一回口頭弁論と報告会】いよいよ待望の第一回口頭弁論

みんなで傍聴しよう!7/13(水)10時名古屋地裁に集合!

マスコット・キャラクター「デンジャラスくん」がお目見え

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■

いよいよ高浜老朽原発差し止め裁判が始まります。私たち原告側は、延長

認可期限の7月7日前の口頭弁論を求めていましたが、国側はそれを拒否。

参院選挙の終わった13日にやっと待望の第一回口頭弁論が開かれることにな

りました。

 

逃げる規制庁・規制委員会には、風下住民として「40年ルールを骨抜きに

するな、老朽原発は退場!」の世論を裁判官にしっかりと見せつけなくては

なりません。ぜひ傍聴席をいっぱいにしましょう。

 

【高浜原発40年廃炉・名古屋行政訴訟:第一回口頭弁論】

2016年7月13日(水)

@名古屋地方裁判所 http://goo.gl/f6tl9d

10:00~    名古屋地方裁判所前ミニ集会(傍聴券配布)

10:30~11:40 第1回口頭弁論(第1号法廷)70分

・弁護団による訴状の要旨説明

・北村弁護団長の陳述

・原告の意見陳述

11:55~13:20 記者会見+報告集会

@桜華会館 南館3F桜華の間 http://goo.gl/SNjfwb

 

★これまでのお知らせ等で、原告で参加を予定される方は、7月4日までに

「40年廃炉訴訟市民の会」事務局までご連絡くださいとお伝えしていまし

たが、裁判所の都合で原告人数の報告が2週間と早まりました。

既に当会や弁護団事務局やご連絡をいただいている方以外で参加を希望

される原告の方は、誠に恐縮ですが、傍聴券が必要になりますことをご了

解ください。

 

★ 傍聴券は朝10時から名古屋地裁前で配布される予定ですが、希望者多

数の場合は抽選になりますので、10時にはお集まりください。

 

□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

5【署名】40年超え老朽原発を廃炉に!第一次集約分を提出

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■

関西の原告が呼びかけた、「40年超え老朽原発の廃炉に!」署名は、

6月20日第一次集約し、29日に提出しました。その報告は次回メルマガ

で。

ひきつづき第二次集約に向けて署名にご協力をお願いします。

老朽原発の危険を広く知ってもらうには署名はたいへん有効です。

 

<第二次締め切り>10月31日

要請文およびネット署名フォームはこちら:https://goo.gl/8KLYUS

紙版署名:http://goo.gl/gRGdtP

★老朽原発の危険性について説明するカラーリーフレットを「避難計画

を案ずる関西連絡会」が発行しています。

「40年超えの老朽原発はとりわけ危険 高浜1・2号、美浜3号 廃炉

署名にご協力を!」ぜひご活用ください。→http://goo.gl/CjOO1p

注文先:美浜の会 mihama@jca.apc.org

 

□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

6【高浜3、4号機、関電の申立て却下】2基とも再稼動せず!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■

高浜原発3、4号機の運転差し止めを命じた大津地裁の仮処分決定を不服

として、仮処分の効力を一時的に止めるよう関電側が求めた執行停止の申し

立てについて、大津地裁は6月17日、却下すると決定しました。

よかったです。2基とも再稼働できない状態が続きます。

 

高浜原発3、4号機をめぐる経緯は、こちらの記事を参照してください。

http://goo.gl/g7idEK

 

□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

7【その他】7/2「日本と原発 4年後」+北村栄弁護団長講演会

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■

市民の会が主催ではありませんが、高浜原発40年廃炉・名古屋行政訴訟の

弁護団長北村栄弁護士がこの裁判についての講演を行います。

7月2日(土)13:30~16:30

@イーブルなごや 3Fホール(名古屋市女性会館)

第1部  映画『日本と原発  4年後』(138分)

第2部  講演『老朽原発にレッドカードを! 裁判で原発を止めよう』

講師 高浜原発40年廃炉 名古屋訴訟弁護団長:北村栄弁護士

参加費:1000円 学生と避難生活者は無料

主催:上映実行委員会  問合せ:西英子(052)808-3241

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

メールマガジン発行責任

★高浜原発40年廃炉・名古屋行政訴訟を支える市民の会★

〒460-0002 愛知県名古屋市中区丸の内2丁目18?22

三博ビル 5F名古屋第一法律事務所内

TEL:080-9495-9414

E-mail:toold40citizens★gmail.com(★を@に代えて送信してください)

HP: http://toold-40-takahama.com/people/

Facebook page: https://goo.gl/H6j31H

Twitter: https://twitter.com/toold40nagoya

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

★原告・サポーター申し込みを、弁護団にいち早くして下さった方には、市

民の会への登録、情報提供について弁護団から同意をお願いしています。

登録同意の返信葉書をお早めに投函してください。

 

 

======================================================

 

6/20アピール「40年超え老朽高浜原発1・2号機延長認可に抗議します!」

高浜原発40年廃炉・名古屋行政訴訟を支える市民の会」アピール

40年超え老朽高浜原発1、2号機延長認可に抗議します!

 2016年6月20日

 

東京電力福島第一原発事故という取り返しのつかない事件を起こしてようやく、原発が抱えるそもそものリスクの高さに加えて老朽化の危険から、国の原発規制には、原則40年で廃炉にする「40年ルール」が定められました。

これに従い、高浜原発1、2号機、美浜原発3号機を除き、40年に満たない伊方原発1号機も含めて老朽原発の廃炉が次々と決定される中、関西電力は、出力が大きく収益が見込めるとしてそれら3基の再稼働・延長申請を行い、このうち高浜原発1、2号機について原子力規制委員会は、耐震試験は認可の後でも良いと認めるなど驚くべき審査で、本年4月20日には、その設置変更許可、6月10日には工事計画を認可、そして本日、老朽化に係る運転期間延長も認可してしまいました。

私たち高浜原発40年廃炉・名古屋行政訴訟を支える市民の会は、このような老朽原発に対する国の原子力規制の在り方を正面から問う同訴訟の原告・サポーターの集まりで、訴訟を支え、老朽原発廃炉を目指しています。

先の設置変更許可についてのパブリックコメントでは1ヶ月間で606件の意見が寄せられ、最も多かったのは、原子炉が長年に渡って放射線を浴びてもろくなり緊急停止などの急速な温度変化に耐えられない恐れがあることを指摘する意見だったそうですが、原子力規制委員会は、老朽化についての審査は別に行っているとして明確な回答をしませんでした。

ところが、その老朽化についての今回の延長認可は、パブリックコメントさえもしないとのことです。市民の意見も聞かず、疑問に応えようとしないのは、「原子力規制委員会の組織理念」(2013.1.9)※1の「国内外の多様な意見に耳を傾け、孤立と独善を戒める。」に反します。

本年6月16日には元原子力規制委員会委員長代理の島崎邦彦さん(東京大名誉教授・地震学)が、原発で考慮する地震の震源の大きさの計算で、垂直や垂直に近い断層面を持つ活断層に入倉・三宅式を使うと過小評価の恐れがあり、そのような活断層は西日本に多く、熊本の地震で得られた精度の高いデータからも入倉・三宅式では再現できないことが明確になったとして、大飯原発や高浜原発、玄海原発について、地震の震源の大きさの計算をやり直すべきであるとの内容を原子力規制委員会の田中俊一委員長らとの面談で説明されました。田中委員長は、新しい知見を取り入れるとなるとそれなりに評価されたものが必要なので学会で努力をしてほしいなどとおっしゃいましたが、2002年の国の地震調査研究推進本部の長期評価で日本海溝のどこでも大きな津波地震が起こりうるとの評価があり、また貞観津波の知見もありながら、対応を怠った東京電力福島第一原発事故の教訓はどこへ行ってしまったのでしょうか。

私たちは二度と原発事故の被害者にも加害者にも傍観者にもなるわけにはまいりません。

世論調査では、原発再稼働反対が常に多数です。原発の規制に厳格な審査を世論が求めているのは当然です。ましてや老朽原発には厳しい目が向けられています。2015年9月12、13日に実施された日本世論調査会による世論調査※2では、原発の運転期間をどうするべきかの問いに対して、「40年で例外なく廃炉にするべきだ」が47.8%、「40年よりも短くするべきだ」が24.6%、「現行通り、規制委が認めれば延長してもよい」は21.5%でした。

伊方原発最高裁判決も、深刻な原発災害が万が一にも起こらないようにするために審査を行うのが法の趣旨だと述べています。

東京電力福島第一原発事故のように、憲法で保障された生存権、人格権、財産権、教育権、居住・移転・職業選択の自由、労働権などが原発事故によって奪われるようなことは決してあってはならないからです。

原子力規制委員会が40年超え老朽高浜原発1、2号機の延長認可を行ったことに対し強く抗議いたします。

※1
原子力規制委員会の組織理念
平成25年1月9日原子力規制委員会の組織理念
http://www.nsr.go.jp/data/000069078.pdf

※2
原発に関する世論調査詳報 再稼働や老朽化問題問う
2015年9月20日 09:57 フクナワ
http://fukunawa.com/fukui/3891.html

 

高浜原発40年廃炉・名古屋行政訴訟を支える市民の会
〒460-0002 名古屋市中区丸の内2丁目18番22号
三博ビル5階 名古屋第一法律事務所 内
TEL :080-9495-9414(事務局)
e-mail:toold40citizens@gmail.com

160620抗議アピール


地元福井、関西、岐阜、九州、首都圏の老朽原発の問題に取り組む市民グループとともに、以下のような共同声明も発表しました。

 

 

 2016年6月20日

 

共同声明 40年超え老朽炉を廃炉に!

高浜原発1・2号機の運転期間延長認可に抗議

 

本日(6月20日)、原子力規制委員会は、関西電力高浜原発1・2号機について、40年超えの運転期間延長認可を下しました。福島原発事故後、運転期間を原則40年に制限する制度が導入されたあと、延長の認可がだされた初めてのケースになります。私たちはこれに強く抗議します。

老朽炉の寿命延長に対し、これを危惧する声が広がっています。しかし、審査の公開資料は白抜きだらけで、第三者による検証はできず、初の寿命延長審査にもかかわらずパブリックコメントも実施せず、住民や市民、自治体等の意見を聞こうともしませんでした。6月13日、私たちは、熊本地震によって懸念された「繰り返しの揺れ」問題などの評価について、国会議員の仲介により、会合を申し込みましたが、原子力規制庁は「多忙」を理由に異例の拒否。6月15日には要請書の受け取りすら拒否しました。老朽炉の危険性を具体的に批判され、それが公になることを恐れたからでしょう。このように、議論を避け、密室審査を続ける姿勢に怒りを禁じ得ません。被害をこうむる住民の意見を無視するなど到底許されることではありません。

福島原発事故を受けて、原発の運転期間は「原則40年」と決めたはずです。原子力規制委・規制庁はこともあろうに、老朽化した原発の実態も把握せず、認可ありきで審査を急ぎ、審査ガイドを破ってまで、期限内の認可を強行しました。福島原発事故の教訓を葬り去り、事故を再び繰り返すことは断じて許されません。

地震の活動期に入り、巨大地震がいつどこで起きてもおかしくない状況で、設計が古く、設備の劣化が進み、点検も不十分な状況で認可するなど、危険極まりない行為です。

高浜1・2号の耐震性が不十分なことは、熊本地震に照らしても明らかです。熊本地震のようなくり返しの揺れを考慮した耐震評価は実施されていません。

元原子力規制委員会委員長代理の島崎邦彦氏は、熊本地震のデータから、「入倉・三宅式」を用いて基準地震動を策定すると過小評価となり、日本の地震データを基にした「武村式」と比べて4分の1の過小評価となるため、「入倉・三宅式」は使うべきではないと警告を発しています。これはまさに高浜1・2号に当てはまる問題です。同時に、各地の裁判や運動の中で、市民が主張してきたことでもあります。規制委・規制庁は16日に島崎氏から意見聴取を行いました。しかし、その警告を無視するかのように高浜1・2号の運転延長を認可しました。

老朽化した高浜1・2号の特有の危険性が具体的に明らかになっています。電気ケーブルの劣化により事故時に絶縁性が急低下し、制御ができなくなる恐れがあります。しかし、規制委・規制庁は具体的な判断基準も持たずに、関電のいいなりです。

高浜原発1号機は、全国の原発でもっとも原子炉圧力容器の中性子による脆性破壊が発生し易い原発です。廃炉が決まっている玄海原発1号より脆性遷移温度は高く、事故時にECCSの水を注入すれば、圧力容器が壊れる危険があります。やはり中性子の照射により炉心の金属板を留めるボルトにひび割れが生じている恐れがありますが、まともに検査すら行われていません。

さらに、熊本地震が示したように、「屋内退避」を中心とした規制委の指針では、住民の安全を守ることはできません。

40年超えの危険な運転延長は認められません。高浜原発1・2号機は、認可を取り消し、直ちに廃炉にすべきです。

 

<17団体> 福井から原発を止める裁判の会/高浜原発40年廃炉・名古屋行政訴訟を支える市民の会/ふるさとを守る高浜・おおいの会/避難計画を案ずる関西連絡会/脱原発はりまアクション/おおい原発止めよう裁判の会/3.11ゆいねっと京田辺/原発なしで暮らしたい丹波の会/脱原発わかやま/グリーン・アクション/美浜・大飯・高浜原発に反対する大阪の会/放射能のゴミはいらない!市民ネット・岐阜/川内原発30キロ圏住民ネットワーク/玄海原発プルサーマルと全基をみんなで止める裁判の会/国際環境NGO FoE Japan/福島老朽原発を考える会/原子力規制を監視する市民の会

 

<連絡先> 原子力規制を監視する市民の会TEL:03-5225-7213 090-6142-1807(満田)

住所:東京都新宿区下宮比町3-12明成ビル302

6/20 弁護団声明:運転期間延長認可に反対する弁護団声明

関西電力高浜原子力発電所1号機,2号機の運転期間延長認可

に反対する弁護団声明

2016(平成28)年6月20日

「高浜原発40年廃炉・名古屋訴訟」弁護団
弁護団長 北 村   栄

 

原子力規制委員会は,平成28年6月20日,関西電力株式会社に対して,高浜原子力発電所1号機及び2号機(以下「高浜原発1・2号機」という。)の運転開始から40年を超える運転期間延長認可をすることに決定した。

当弁護団は,平成28年6月9日,高浜原発1・2号機の運転期間延長に係る審査の終了に対して反対する旨の声明を出した。先の声明においては,原子力発電所の運転期間が40年を超える老朽化原発が他の原発に比してより危険であること,高浜原発1・2号機の運転期間延長認可申請に対する審査が違法の疑いが強く安全性が確保されているとは到底言えないこと等を指摘した。声明公表後も,報道等では,原子力発電所の安全性審査を根本から覆すというべき耐震設計の前提となる基準地震動が過小評価されているとの指摘が,原子力規制委員会の元委員よりなされており,一般市民だけでなく,原子力発電所の安全性審査の実情を熟知している元委員ですら審査等の見直しの必要性を指摘している。

そこで,当弁護団は,改めて,安全性が確保されたとは到底言い難い審査手続きしか経ていない上記運転期間延長認可に対して強く反対するとともに,原子力規制委員会に対して,同認可を撤回するよう求める。当弁護団は,二度と福島第一原発事故のような事故を繰り返さないために,原発のない社会を目指していくことを改めて宣言する。

以  上

弁護団声明(運転期間延長認可に対して) 20160620 ver2

logo

6/20(月)17:30〜高浜1・2号老朽原発の寿命延長反対アピール

「老朽原発<高浜1・2号機>の寿命延長なんて認めない」
6・20 名古屋駅前アピール行動に参加を!

原子力規制委員会は、週明けの月曜日20日にも、会合を
ひらいて高浜1・2号機の40年を超える運転期間延長の認可
を出す予定と報じられています。

初めての老朽原発の寿命延長の認可なのに、国民の意見も、
専門家の指摘も聞かず、しかも決められたルールすら緩和して、
関西電力に脱法指南をしてきたのは、国の原子力規制委員会
です。福島原発事故の教訓も、本来の職務もすっかり忘れて
しまったかのようです。

老朽原発には危険がいっぱい!そんな危ない原発の風下に
住む私たちが黙っているわけにはいきません。

ぜひ一緒に「デンジャラス原発は退場!」の声をあげましょう!

と き:6月20日(月)17:30~19:00
ところ:名古屋駅東口交番前

★18時からDEMOSKRATIA(デモスクラティア)の定例街頭アピール
行動に合流します。
★雨天決行、途中参加歓迎
★老朽原発の運転延長に反対する旨のプラカードなどご持参ください。
呼びかけ:40年廃炉訴訟市民の会
FACEBOOK:https://www.facebook.com/events/994591680636659/
tel:080-9495-9414  メール:toold40citizens@gmail.com

<関連情報>
◆産経新聞(2016.6.15)
http://www.sankei.com/smp/life/news/160615/lif1606150013-s1.html
高浜1、2号機、20日に「合格」 40年超運転で初

◆第16回原子力規制委員会
平成28年06月20日(月) 14:00~15:30
http://www.nsr.go.jp/disclosure/committee/kisei/00000145.html
別添
第16回原子力規制委員会の開催について(お知らせ)【PDF:174KB】
http://www.nsr.go.jp/data/000153758.pdf

7/13(水)第1回口頭弁論10:30~+報告集会

<高浜原発40年廃炉名古屋行政訴訟>

第1回口頭弁論 (予定が変更になった箇所は赤字

@名古屋地方裁判所

2016年7月13日(水)

 9:45〜10:00 傍聴席抽選のための整理券配布
10:00~ 名古屋地裁前ミニ集会、入廷行進

傍聴券は10時に抽選が行われることになりました

10:30~11:40 第1回口頭弁論(第1号法廷)70分

・訴状要旨説明(弁護団より)
・弁護団長意見陳述:北村栄弁護団長
・原告による意見陳述:
・・阪上武さん(原子力規制を監視する市民の会)
・・東山幸弘さん(高浜町在住の原告)
・・小野久美さん(南相馬市から下呂市に避難中)
・・草地妙子さん(名古屋市在住二児の母、市民の会共同代表)

11:55〜 記者会見+報告集会
・・・・・@桜華会館 南館3F「桜華の間」

ぜひ御参加ください。

★原告の方へ:参加を予定される方は、6月24日までに(注!)7月6日(水)より早まりましたに下記「40年廃炉訴訟市民の会」事務局までご連絡ください。原告席の用意のために必要です。
ご連絡いただかないと、原告であっても傍聴券が必要になります。

★傍聴券:原告以外で傍聴を希望される方(もしくは原告であっても傍聴席で参加したい方)は、朝10時までに名古屋地裁前におこしください。市民の会のスタッフが傍聴券を配布します。(希望者多数の場合は抽選又は先着順になる場合があります。)

抽選となりましたので、朝9時45分から10時までに配布される整理券を受け取り、抽選の列に並んでください。

抽選に漏れた方については、記者会見と報告集会が始まるまでの間、会場の桜華会館にて市民の会が別の企画をご用意しておりますので、そちらへご案内いたします。

《連絡先・お問合せ》
高浜原発40年廃炉・名古屋行政訴訟を支える市民の会
(40年廃炉訴訟市民の会)
tel:080-9495-9414(事務局)
e-mail:toold40citizens@gmail.com

またはお問合せフォーム

7.13chirasicolor注!★原告の方で参加を予定される方は6月24日までに市民の会へご連絡ください。

(当初の7月6日までというのは早まりました)

チラシ(モノクロ)7.13chirasimono3

7/2(土)映画「日本と原発 4年後」&北村弁護士講演 上映実行委員会主催

日 時:7月2日(土) 13時30分~16時30分

会 場: イーブルなごや 3Fホール(名古屋市女性会館)

地下鉄「東別院」1番出口から東へ3分

参加費; 1000円 学生と避難生活者は無料

主 催: 上映実行委員会  西英子(☆52)8☆8-3241(☆は0です)

(1)映画上映 『日本と原発 4年後』

監 督   河合弘之弁護士
構成・監修  海渡雄一弁護士

7.2チラシ:日本と原発4年後+北村弁護士講演会

全国の原発差し止め訴訟の先頭に立つ弁護士が描く原子力発電のすべて!

2014年に発表された『日本と原発 私たちは原発で幸せですか』から1年、
高浜原発差し止め仮処分、元東電役員の強制起訴、被曝問題、テロと

原発の
問題など、日本の原発のすべての論点を論じ尽くした映画です。

(2)講 演

『老朽化原発にレッドカードを! 裁判で原発を止めよう』

講師: 高浜原発40年廃炉 名古屋訴訟弁護団長
北村 栄 弁護士

〇 全国からかけつけた弁護団、原告、サポーターの多くの人たちで、
4月14日に名古屋地裁へ提訴しました。
『日本と原発』の河合監督も来られました。

再び「原発ゼロ」にする画期的な裁判になります。
映画を観て、講演を聞いて、みなさんと共に考えましょう。

そして「原発ゼロ」をめざして行動しましょう。

4/25(月)40年原発廃炉訴訟市民の会メールマガジン創刊号 発信

□-■-□-■-□-■-□-■-□-■-□-■-□-■-□-■-□-■-□-■-□

40年原発廃炉訴訟市民の会メールマガジン 創刊号2016/4/25

□-■-□-■-□-■-□-■-□-■-□-■-□-■-□-■-□-■-□-■-□

2016年4月14日、東海地方は、早朝の雨が上がり美しく晴れた
清々しい春の日でした。老朽原発、高浜1号機・2号機の延命を
ストップする行政訴訟を提訴しました。奇しくも、その夜、熊本県で
震度7の大地震が起こり、活断層に沿って大型の地震が相次ぎ、
日本中を再び震撼させました。

こともあろうに、熊本の震源地の南西150km、中央構造線の延長線
上にある川内原発が稼動しています。これを止めるよう要請したところ、
ネットではたった4日間で10万人を超える人が署名しました。

そんな折4月20日、原子力規制委員会は、高浜1号機・2号機が
新規制基準を満たしているとして、「審査書」を正式決定をしました。
ちょうどこの日、福井・関西・東海・首都圏の23団体が、老朽原発の
廃炉を求める署名を開始しました。

━ 目 次 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
1【提訴】4/14(木)提訴の応援に100人が名古屋地裁に集まりました
週刊「金曜日」4/18号の表紙を飾る河合弘之弁護士、来る!
2【報告会】4/14(木)提訴のあと、弁護団が報告
3【募集中!】40年廃炉訴訟市民の会が立ち上がりました
4【署名】40年超え老朽原発を廃炉に!
5【出展】5/4アースデイ名古屋に出展します
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
1【提訴】4/14(木)提訴の応援に、100人が名古屋地裁に集まりました!
週刊「金曜日」4/18号の表紙を飾る河合弘之弁護士、来る!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■
福井県にある高浜原発1号機・2号機は、運転開始からすでに40年
を超えています。福島の原発事故を経験し、原発は、原則40年で廃炉に
すると法律で決められました。しかし、4月20日、原子力規制委員会は、
高浜1号機・2号機が新規制基準を満たしていると判断し、審査合格を
示す許可を関電に出してしまいました。「高浜原発40年廃炉・名古屋行政
訴訟」は、国に対して、許可の違法性を正面から問う行政訴訟です。

今回は、仮の差し止めは要請しませんでした。関電が延長運転に
向けた大規模工事を2019年秋頃までに終わらせる計画であること
がわかったため、稼働するのはまだ先であると判断したからです。

記念すべき4月14日に提訴しました。昨年4月14日は、福井地裁
が最初に高浜原発3・4号機の再稼働差止めの仮処分決定を出した
日です。この提訴の日、100人以上の方々が集まり、原告と弁護団
を応援しました。

週刊「金曜日」4/18号は、「裁判で原発を止める」という特集。
その表紙は、脱原発弁護団全国連絡会共同代表で、映画「日本と原発」
の監督をつとめた河合弘之弁護士です。http://www.kinyobi.co.jp

この河合弁護士も名古屋地裁前にやって来ました。なぜでしょうか?
それはこの裁判が、数ある原発裁判の中でも非常に重要な裁判だから
です。高浜原発の地元の福井や関西からも仲間がかけつけました。

40年を越えた老朽原発の運転を延長させてはならない!老朽原発
を廃炉にするための裁判は全国初!とても注目される裁判です。

訴状要旨と全文はこちらから。
ケーブルの問題、基準地震動、津波、テロ対策などにも触れています。

resources

□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
2【報告会】4/14(木)提訴のあと、弁護団が報告
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■
提訴を終えたのち、記者会見と報告集会を行いました。弁護団と原告
代表が思いを訴えました。(メモより)

北村栄弁護団長「福島原発事故で、原発はとても危険ということが
わかった。老朽した高浜原発は二重の意味で危ない。原発が動いて
いなくても電気は足りていた。40年を超えた老朽原発を動かして
ほしいという市民がいるのか。」

河合弘之弁護士「名古屋の弁護士が、眠れる獅子がついに立ち
上がってくれたと感慨を持っている。我々は大津地裁で大きな成果
を挙げた。仮処分が有効、そして立地県外での申し立てが有効と
わかったので、この戦略を進めよう。」

河田昌東さん(原告・名古屋市)「気象庁の若狭湾の風向データを
グラフにしてみた。風向は北、西北西で関西、岐阜、名古屋は風下と
なる。避難経路をどうするかという問題ではない。絶対に事故を起こ
してはいけない。」

東山幸弘さん(原告・高浜町)「原発城下町のような感じの高浜町で
原告になるのは厳しいものがある。建設当時、原発の寿命は20年、
長くて30年と言われていた。30年過ぎても止めてほしいという声は
なかなか上がらなかった。しかし40年たって、3、4号機の再稼動
は容認しても、1、2号機は止めてほしいという声が町内にはある。」

兼松秀代さん(原告・岐阜市)「岐阜市は高浜原発から114km。
敦賀湾の気象データを、私もいつも見ている。福井で原発事故が
起こったら、風下の私たちがすべてを引き受けるしかない。規制
委員会の田中委員長は、最初40年を超えるのは難しいと言って
いたのに、高浜1、2号機はお金をかければなんとか延長できると
言う。止めるのは司法しかない。」

西英子さん(原告・名古屋市)「20年延長と聞いたときびっくりした。
40年も放射線を浴びてぼろぼろになった圧力容器を20年も延長
してどうなるんだと。四国電力は、39年の伊方原発1号機を廃炉に
すると言った。この5年間で電力販売量も減り、莫大なコストをかけて
対策をしても採算が合わないという。私は、まもなく79才になるが、
原発ゼロにしてから死にたい。」

草地妙子さん(原告・名古屋市、市民の会共同代表)「福島の原発事故
が起こったとき、二人の子どもに本当に申し訳ないと思った。あのとき
感じたような思いを二度と感じたくない。子どもたちに感じさせたくない。
原発事故は、毎日のささやかな生活を奪う。危険極まりない老朽化した
原発を動かしてはならない。」

茶畑和也さん(原告・名古屋市、市民の会共同代表)「イラストレーター
なので、デンジャラスくんとレッドカードくんというキャラクターをつくった。
デンジャラスくんは、本当はすごくいい顔をしている。原発が全部
なくなったら赤い色もなくなりいい顔になる。それも考えていきたい。」

原告の数は14都府県から76名です。(愛知30名、福井11名、
京都、岐阜、静岡、東京、三重、大阪、兵庫、千葉、滋賀、石川、
奈良、神奈川)今回は一次提訴で原告をまだ募集していますが、
数ヶ月後に第二次提訴する可能性があります。

□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
3【募集中!】40年廃炉訴訟市民の会が立ち上がりました
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■
報告集会で共同代表など役員を紹介して、ようやく原告とサポーター
による訴訟を支える市民の会が立ち上がりました。

名称:「高浜原発40年廃炉・名古屋行政訴訟を支える市民の会」
略称:「40年廃炉訴訟市民の会」
○共同代表:草地妙子、茶畑和也 ○事務局長:安楽知子

ちなみに、この訴訟は「TOOLD40@Nagoya」「デンジャラス
訴訟」とも呼ばれています。

40年廃炉訴訟HPに市民の会のページができ、市民の会のフェイス
ブックやツイッターもできました。ぜひ広めてください! HPから、
訴訟を応援するキャラクターをダウンロードできるようになりました。

高浜原発40年廃炉・名古屋行政訴訟
HP: http://toold-40-takahama.com/
高浜原発40年廃炉・名古屋行政訴訟を支える市民の会
HP: http://toold-40-takahama.com/people/
Facebook: https://goo.gl/H6j31H
Twitter: https://twitter.com/toold40nagoya

□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
4【署名】40年超え老朽原発を廃炉に!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■
関西の原告から、「40年超え老朽原発の廃炉に!」署名に、「40年
廃炉訴訟市民の会」も呼びかけ団体になってほしいとの要請がありました。
事務局で検討し、訴訟と同じ目的のこの署名活動に参加することに
しました。皆さん、ぜひご協力をお願いします!広めてください!

ネット署名フォームはこちらです
https://fs224.formasp.jp/f389/form1/

紙版署名
http://www.jca.apc.org/mihama/hairo/sig_hairo201604.pdf

7月7日に向けて、6月20日を一次集約としています。

*****************************

地震の活動期 老朽原発はとりわけ危険!
40年超えの老朽原発 高浜1・2号、美浜3号は廃炉に

原子力規制委員会委員長 田中俊一様
福井県知事 西川一誠様
関西広域連合委員会委員長 兵庫県知事 井戸敏三様
京都府、滋賀県、大阪府、奈良県、和歌山県、岐阜県、愛知県
各知事様

関西電力は、運転開始から40年を過ぎた老朽原発を再稼働させようとし
ています(高浜1号は今年42才、高浜2号は41才、美浜3号は40才)。
ただでさえ危険な原発ですが、老朽原発は機器等の劣化も進み一層危険
です。老朽原発にムチ打つ危険な寿命延長などもってのほかです。

高浜1・2号は7月7日までに、美浜3号は11月30日までに、国の全て
の審査が終了し許可・認可が得られていなければ廃炉となります。基準
地震動が引き上げられたため、耐震性の試験や評価が必要です。原子力
規制委員会は、高浜1・2号の場合には、この期限に間に合わせるため
に、試験・評価は先送りにして、工事に入ることを認めています。安全
性より再稼働優先の姿勢は許せません。

昨年4月の福井地裁仮処分決定、今年3月の大津地裁仮処分決定は、国
の審査が緩すぎること、福島事故の原因究明も道半ばの状況で再稼働に
突き進む関電と国の姿勢を厳しく批判しています。

廃炉を求める理由

1.老朽原発は原子炉容器や機器等が劣化。劣化の状況は十分に把握さ
れておらず、地震にも弱い
2.原発の運転期間は40年が原則
3.福島原発事故の原因究明はいまだ道半ば。いまも大量の汚染水が放
出されている
4.事故の被害は、福井県・京都府北部のみならず関西一円、東海地方
にも。琵琶湖も汚染される
5.避難計画は被ばく計画。「避難弱者」の避難など避難計画に実効性
なし

要 請 事 項
(1)40年超えの老朽原発高浜1・2号、美浜3号の再稼働を認めず、廃
炉にすること
(2)福井・関西・岐阜・愛知の各知事は、住民の安全を第一に、廃炉
にすべきと表明すること

締切り <第一次>2016年6月20日 <第二次>10月31日

<署名呼びかけ23団体(福井・関西・東海・首都圏)>
ふるさとを守る高浜・おおいの会/原発設置反対小浜市民の会/福井から
原発を止める裁判の会/グリーン・アクション/原発なしで暮らしたい丹
波の会/3.11ゆいネット京田辺/ネットワークあすのわ/日本熊森協会滋
賀県支部/よつ葉ホームデリバリー京滋/美浜の会/おおい原発止めよう
裁判の会/脱原発はりまアクション/奈良脱原発ネットワーク/さよなら
原発なら県ネット/脱原発わかやま/避難計画を案ずる関西連絡会/さよ
なら原発・ぎふ/高浜原発40年廃炉・名古屋行政訴訟を支える市民の会/
福島老朽原発を考える会/グリーンピース・ジャパン/FoE Japan/原子力
規制を監視する市民の会/コープ自然派脱原発ネットワーク

<署名送付先>原子力規制を監視する市民の会
162-0822東京都新宿区下宮比町3-12-302
/TEL:0★3-5225-721★3/FAX:0★3-5225-721★4
(★を抜いておかけください)

<署名開始日>2016.4.20

□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
5【出展】5/4アースデイ名古屋に出展します
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■
5月4日~5日に開催する「アースデイ名古屋」は、地球に感謝する
環境フェスティバルです。40年廃炉訴訟弁護団と市民の会が、
5月4日のみ出展します。
皆さん、たくさん遊びに来てください!お待ちしてます。
http://earthday-nagoya.com/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
メールマガジン発行責任
★高浜原発40年廃炉・名古屋行政訴訟を支える市民の会★
住所:〒460-0002 愛知県名古屋市中区丸の内2丁目18−22
三博ビル 5F名古屋第一法律事務所内
TEL:0☆80-9495-941☆4(☆を抜いておかけください)
E-mail:toold40citizens★gmail.com(★を@に代えて送信してください)
HP: http://toold-40-takahama.com/people/
Facebook page: https://goo.gl/H6j31H
Twitter: https://twitter.com/toold40nagoya
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
メールマガジンや市民の会へのお問い合わせは市民の会宛てにお願い
いたします。本メールマガジンの送信アドレスにはお問い合わせいただけ
ませんのでご了承ください。

4/20(水)40年超え老朽原発廃炉要求署名開始! 拡散希望

高浜原発40年廃炉・名古屋行政訴訟を支える市民の会より

40年超え老朽炉三兄弟(高浜1・2号/美浜3号)の廃炉を要求する
署名がスタートしました。7月7日には、高浜1・2号の寿命延長認可
の期限を迎えます。

三兄弟は、新品同様を前提とした審査でさえ、耐震安全性で従来基準を
クリアできていません。これに中性子照射による脆化やひび割れ、電気
ケーブルの絶縁の可能性など、老朽化による影響が加わります。

このような状況で寿命延長など許せません。直ちに廃炉にすべきです。
ぜひ老朽炉廃炉署名にご協力ください。いますぐご署名ください。まわ
りに拡散してください。

ネット署名フォーム・紙面書面PDFこちらです

7月7日に向けて、6月20日を一次集約としています。
よろしくお願いします!

高浜原発1,2号機差止行政訴訟 訴訟提起のご報告

2月24日,運転開始から40年を迎える高浜原発1,2号機について,原子力規制委員会が新規制基準に適合していると「審査書案」を了承したことを受けて,愛知県や福井県などに住む市民を中心に,同原発について今後出されるであろう設置変更許可及び運転期間延長認可に対して,これら許認可をしてはならないという差止め訴訟及び仮の差止め申立てを行うことになりました。

【裁判の概要】

 ・対象原発  : 高浜原発1,2号機

 ・訴訟手続き : 行政訴訟

     (処分の対象)設置変更許可,運転期間延長認可を予定

     (訴訟類型) 上記処分の差止め訴訟,仮の差止め申立て

 ・提訴裁判所 : 名古屋地方裁判所

 ・提訴予定時期: 平成28年4月中

 ・訴訟名称 

TOOLD40「高浜原発40年廃炉・名古屋訴訟

             ~ デンジャラス原発にレッドカードを!~ 」

【本提訴の意義】

 福島原発事故から間もなく5年が経過しようとしています。福島原発事故により,それまでの安全神話が崩壊したことが明らかになりました。原発の事故の深刻さや長期間かつ多様かつ広範囲に及ぶ被害の深刻さは,誰もが,二度と原発事故を起こしてはならないと実感したはずでした。しかしながら,その後も政府や電力会社,地元地自体等は,原発を再稼働させ,福島原発事故がなかったかのように,再び再稼働に突き進んでおります。

(老朽化原発は危険すぎること)

原発は根本的に危険ではありますが,老朽化した原発はもっと危険です。福島原発事故後,運転開始から原則40年で廃炉させるという「40年ルール」は政府が決めたことです。運転延長することは「例外中の例外」とされていたはずでした。

ところが,今まさに「40年ルール」でさえも形骸化されようとしています。私たちは,老朽化原発や旧式の原発は最も危険な原発であるという危機意識のもと,運転開始から40年を越えて運転されようとしている高浜原発1,2号機に対して,許可処分等の差止め等の裁判を提起することを決意しました。

(最初の行政訴訟であること)

原子力規制委員会は何ために発足されたのでしょうか。原子力規制委員会の杜撰な審査は,福島原発事故を十分に反省しているとは到底いえません。今回の裁判は原子力規制委員会を相手とする行政訴訟です。原子力規制委員会の意義と審査の是非を真正面から問うために行政訴訟をすることにしました。福島原発事故の多くの原発を対象に裁判が提起されてきましたが,いずれも民事訴訟であることからこの点にも大きな意義があるといえます。

(名古屋で提起ことの意義)

愛知県では,これまえ原発差止め関係の訴訟はこれまで行われてきませんでした。しかしながら,高浜原発と名古屋は100数十キロしか離れておらず,また,偏西風の影響を考えると,被害を受ける圏内に位置しています。名古屋経済圏である岐阜県,三重県についてはさらに近く,高浜原発で過酷事故が起こった場合には,名古屋は大きな影響を避けられません。東海地区の住民は,もっと原発事故に対して当事者意識をもつ必要があるといえます。

【原告団及び弁護団概要】

 ・原告  : 愛知県岐阜県三重県及び福井県の住民を中心に日本全国の方を対象

 ・弁護団 : 北村 栄(団長),藤川誠二(事務局長),鹿島啓一,中野宏典,

甫守一樹,小島 寛,兼村知孝,中川亜美

(問い合わせ先) 藤川法律事務所 0568-37-2282(藤川)